お見積り無料依頼はこちら

町田市・青葉区・麻生区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事なら町田市のゴールドホーム(GOLD HOME)

GOLD HOME

町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの屋根カバー工事(オークリッジ)

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は、町田市のお客様です。屋根カバー工法と外壁塗装の施工になります。屋根に使う材料はオークリッジスーパーです。まずは商品説明。

新しい屋根材には、オーウェンスコーニング社のアスファルトシングル材「オークリッジスーパー」を使用しました。オーウェンスコーニングは、80年以上の歴史があり、屋根材や断熱材などの部門で市場をリードする企業です。

アスファルトシングルは、ガラス繊維基材にアスファルトを浸透・コーティングして、表面に石粒を圧着してある屋根材です。オークリッジスーパーは、防水性・耐久性に優れており、色彩豊かな屋根材です。

施工前

既存の屋根材はニチハのパミールでした。割れと剥離に悩んでるお客様も多いです。外壁は綺麗なだけに残念です。

まずは棟トタンを撤去して雪止めをカットしていきます。

施工写真1

この状態から今度は防水シート(ルーフィング)を敷いて防水対策を行います。

施工写真2

オークリッジスーパーを軒先から棟に向かって順番に葺いていきます。雨水の流れは棟から軒先の方向になり、棟に向かって段差ができることで屋根材と屋根材の隙間への雨水の浸入を防ぎます。

屋根材1枚(長さ984mm×幅337mm)につき、専用の釘4本でしっかりと固定します。釘の長さが短かかったり、釘頭が小さいと風に弱くなるので、必ず専用のものを使用します。釘打ち箇所は上に重なる屋根材で隠れてしまうため、打ち忘れがないか、しっかり確認します。

谷トタンの加工も忘れずに。

施工写真3

屋根材を被せる時には、シングルセメントと呼ばれるアスファルトシングル材専用の接着剤を屋根材同士の重なり部分に付けていきます。強風時でも重ねた端部が風でめくれるのを防いでくれます。下のシングル材と上のシングル材は、横の継ぎ目から雨水が入り込まないように、長手方向に半分ずつずらして張り付けます。下段と上段の継ぎ目が同じ位置になると雨漏りの原因になります。

棟の貫板は腐らない樹脂材を使って固定していきます。

施工写真4

最後に棟押えトタンを取り付けて完了です。

この度はありがとうございました。

外壁塗装は別記事で書いていきます。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。

町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの火災保険工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市のお客様の外壁塗装と屋根補修工事です。火災保険を使っての改修工事になります。

施工前
施工前

先日の台風で帯部分の板金が飛ばされてしまいました。

台風などの強風後、お問い合わせとご相談が多くなるのが板金の飛散や剥がれ、変形です。固定力の弱まった棟板金が強風に煽られて、飛散や剥がれ、変形を起こしてしまうのです。外壁塗装をした後でも同じ症状は起こります。

どうしてこのようなことが起こるかというと、経年で固定力が弱まってしまったからです。通常、板金は釘で固定されていますが、その釘も強風に煽られたりすることによって緩んできます。釘は木材に打たれているのですが、木材だけに経年で劣化してきます。風で釘が緩む→そこから雨水が入り込む→その雨水が木材を腐食させて固定力を弱めるという悪循環です。

完成写真
完成写真

外壁塗装をしても家の外側についてある板状の装飾材(幕板)は、どうしても劣化が早い場合があります。
なぜなら外壁の上に張り付けてあるという構造上、上に水が溜まりやすくなります。

すると幕板自体に水が触れてる時間が長くなる為、素材が湿気を帯びてもろくなってしまうのです。
幕板に入った水分が乾いて蒸発しようとする時、塗膜を弱くし膨れ、剥がれが出る事もあります。
幕板の傷みの多くは、こうした経年劣化なのです。

修理方法としては、交換も出来ますが、今後のメンテナンスを不要にしたいのなら
板金巻き工事がお勧めです。完全に覆ってしまうので、雨水が直接触れなくなります。
又、交換と比べて撤去処分費も掛からないので、場合によっては、お得になります。

このような事で、気になる事があれば、些細の工事でも賜りますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。

町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの屋根塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市のお客様の屋根防水塗装工事のご依頼を頂きました。

水洗い

今回の屋根はU瓦で非常に割れやすいので慎重に作業を進めていきます。まずは塗装の前に屋根に付着したカビ、苔

ホコリ等を高圧洗浄機で落としていきます。

下塗り

使う塗料は関西ペイントのアレスダイナミックルーフです。屋根用ラジカル制御型塗料になります。

高耐久の理由は、強力なウレタン結合で塗膜が強化されているので、紫外線から塗膜を守ってくれます。

微量な紫外線が塗膜をすり抜けようとしてもHALSラジカルキャッチャーによって劣化分子を無害化してくれます。

また、親水性も高い塗料でもあるので、汚れが雨水で洗い流してくれるセルフクリーニングの効果も期待できます。

アレスダイナミックルーフは、塗膜が劣化しにくく、かつ汚れがつきにくい塗料になります。

中塗り
クラック補修

割れがかなり多い為しっかり補修しながら塗装していきます。外壁塗装の時も同じくクラックの見落としが無いか気を付けて作業します。

上塗り

アレスダイナミックルーフの特徴として、高性能シリコンレジンが配合されているので塗膜の光沢がとても綺麗に出る点があります。

また乾燥自体も早く(塗り重ね乾燥時間4時間)その日に2回塗りできるなど、作業性が良いのも職人の仕事に良い影響を与えています。

アレスダイナミックルーフは、関西ペイントが製造・販売する弱溶剤形2液ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料です。

窯業系・金属系どちらの下地にも使用可能で仕上がりには重厚感のあるつやを演出する事ができるとして、徐々に人気になっています。

屋根が気になる方はお気軽にご相談ください。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。

町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの屋根カバー工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市のお客様の外壁塗装工事と屋根カバー工事のご依頼いただきました。

アイジー工業のスーパーガルテクトでカバー工事を施工させて頂きました。

施工前

まずは防水シート(ルーフィングシート)貼りを行います。

ルーフィングシートとは屋根本体の下に敷く、「屋根の防水シート」のことです。
「下葺き材(したぶきざい)」ともよばれます。
その他、言葉を短くして「ルーフィング」とよんだり、アスファルト製が多いため「アスファルトルーフィング」ともよんだりします。

ルーフィング貼り

しかし、屋根の下に敷くシート(目に見えない建材)なので、あまり重視されない傾向があります。
事前に何も説明を受けないまま建設会社や設計士が勝手に選んだシートをそのまま使用することがほとんどです。

今回使うシートは改良された耐久性の高いルーフィングシートです。
「改質アスファルトルーフィング」「ゴムアス」「ゴムアスファルトルーフィング」ともよばれています。

屋根施工

棟板金交換工事は既存の棟板金を解体撤去し、新しい貫板と棟板金に交換する工事になります。既存の貫板は木製でしたので経年により腐食などの劣化症状が発生していました。貫板が劣化してしまうと棟板金を固定する力が低下してしまいますので、台風などの強風や突風の影響により飛散してしまうのです。ですから、耐久性を向上させるためにも新しい貫板は腐食しにくい樹脂製貫板のタフモックを使用する事で風に強い棟板金になります。

貫板取付け
完成写真

今回使うガルテクトは、屋根材の端から端までみっちりと断熱材が貼られており、鋼板と断熱材が一体化した金属板です。
設置する際に、屋根材と屋根材をひっかき合わせる部分(嵌合部)まで断熱材が貼られているのはガルテクトだけです。
そのため断熱性はもちろん、高い遮音性も可能にしました。金属屋根で不安な「うるさい雨音」も軽減しています。
(降水量が1時間100ミリの様な豪雨の際、室内での雨音はささやき声程度に軽減します。)

ガルテクトの断熱性能は「和瓦屋根」「スレート屋根」を上回ります。

外壁塗装は別記事で書いていきます。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。

町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームのサイディング貼り工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は青葉区のお客様の外壁塗装工事とサイディング貼り工事・屋根カバー工事のご依頼いただきました。

使う材料はニチハの窯業系サイディング16mm厚モエンエクセラード16   オペリアシリーズ ビローネブリック調

こちらの商品指定でしたので早速施工に取り掛かりました。

施工前
防水シート貼り

今回は外壁塗装と部分的なサイディング貼りなので施工部分にのみ防水シートを貼っていきます。

サイディング貼り

窯業系サイディングの工法は「外壁通気構法」を標準工法としています

通気構法の重要性

最近の住宅は、在来木造住宅においても、耐震、防火、断熱性能が著しく向上しました。
その結果、室内や構造体内部の気密化が進み、これによる壁体内部での結露の発生が大きな問題となっています。 結露すると柱や間柱、土台等構造体の腐朽による耐久性能の劣化や、断熱材の濡れによる断熱性能の低下をもたらすことになります。
多くの弊害をもたらす壁体内の湿気を除去することを目的として、NYG協会(日本窯業外装材協会)では外装材内側と断熱材との間に通気層を設ける「外壁通気構法」を全国標準工法としています。

通気構法を採用することのメリット

(1) 室内で発生し、壁体内に滲入した湿気を壁の外に排出することにより、壁体内の乾燥を保ち、結露を防ぎ、家を長持ちさせます
(2) 外壁のすき間等から浸入した雨水を、壁体内に浸入させずに屋外に排出します
(3) 通気層による遮熱効果により外気温の影響を少なくし、省エネになります
等の大きな利点が生まれます。

完成写真

部分的にサイディングを貼るだけでガラッと雰囲気が変わりました。

お客様にも喜んでいただいて弊社もうれしい限りです。

今後とも宜しくお願い致します。次回は外壁塗装部分を書いていきます。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。