お見積り無料依頼はこちら
お見積り無料依頼はこちら 0427088580

対応エリア

町田市・麻生区・青葉区を中心に 東京都・神奈川県全域対応 その他エリアもご相談ください。

町田市・青葉区・麻生区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事なら町田市のゴールドホーム(GOLD HOME)

GOLD HOME

スレートの種類と特性を徹底解説!家に最適な屋根材を見つけよう

屋根材選びは、家の美観と機能性を左右する重要な要素です。
特に屋根材としてスレートは、日本の住宅で広く採用されています。
屋根材として、スレートを選ぶ際には、スレートの種類と特性を理解することは、より良い家づくりに欠かせません。
この記事では、家づくりをお考えの方に向けて、スレートとはどんな屋根材か、また選び方までを解説します。

□屋根材として用いられるスレートの種類について解説!

スレートとは、セメントや骨材に繊維素材を混ぜて板状にした屋根材のことです。
その主要な種類には、カラーベスト、コロニアル、大波スレートなどがあります。
これらの住宅用スレートは、デザイン性や耐震性や遮音性に優れており、また初期費用も低いため、広く普及してます。
スレート屋根は、住宅用と工場や倉庫用によって特徴が異なります。

1:住宅用スレート屋根

住宅用スレートは、美観と機能性を兼ね備えています。
耐震性や遮音性に優れていると同時に、初期費用が低価格であることが大きな魅力です。
そのため、地震が気になる地域では特におすすめです。
住宅用スレート屋根には、天然スレートと化粧スレートの2種類あります。

2:工場用・倉庫用スレート屋根

工場や倉庫によく使用される大波スレートは、その名の通り大きな波形をしており、強度と耐久性があることが特徴です。

□天然スレートのメリッとデメリット

スレート屋根の種類は、どのような基準で選べばよいのでしょうか。
化粧スレートのメリットとデメリットを知ることで、自分に合ったスレート屋根選びがしやすくなるかもしれません。
以下に化粧スレートのメリットとデメリットを挙げますのでぜひ参考にしてください。

*化粧スレートのメリット

化粧スレートは初期費用が安く、シンプルなデザインで幅広い建築に合わせやすいのが魅力です。
特にコストパフォーマンスを重視する場合には最適な選択肢といえるでしょう。

*化粧スレートのデメリット

しかし、注意すべき踏み割れのしやすさや色落ち、そして頻繁なメンテナンスの必要性です。
特に雨の多い地域では、これらのデメリットを踏まえた上で慎重に選ぶ必要があります。

□まとめ

この記事ではスレートの種類と特性を解説しました。
スレート屋根材は、その種類と特性を理解し選ぶことで、住宅に最適な屋根を選べるでしょう。

また、化粧スレートのメリットとデメリットから、スレートの選び方を把握し、適切なメンテナンス計画を立てることが大切です。

なお、当社では町田市周辺を拠点として、今回紹介した屋根に関する葺き替えや雨漏り工事をはじめとする住宅のメンテナンスをしております。
最短即日で対応しますので、緊急を要する場合は当社ご連絡ください。

サイディングの反りは見逃してはいけない!原因と効果的な対策と予防法を紹介

サイディングに反りが発生する問題は、多くの家屋所有者が直面す重要な問題です

この記事では、サイディングに反りが発生する原因とその影響、さらにはその対策方法について解説します。
サイディングの反りが家屋の健康に及ぼす影響を理解し、効果的な予防策を学ぶことで、家を長持ちさせましょう。

□サイディングが反る原因とその影響とは

サイディングの反りは、表面の防水効果が低下し、水の吸収により物理的な変形が起こることが主な原因です。
特に湿度の高い地域では、この現象に注意が必要です。

反りは、雨が降った後のサイディングが水を吸収し膨張し、晴れた日に乾燥して縮むことにより生じます。
これが繰り返されることで、サイディングは徐々に変形し、最終的には反りやひび割れを引き起こします。
サイディングが反ることによる影響は3つです。

*元に戻せない

サイディングはセメントが主成分であり硬いため、一度反ったサイディングは、元に戻せません。
反りができた後にできることは、反りが悪化しないために防水塗装をすることです。

*水の侵入による損傷

反りや浮きが発生すると、壁に隙間が生じ、雨水が内部に浸入してしまいます。
これが雨漏りや内部の木材の腐食を引き起こし、家屋の強度を低下させることにつながります。

*側面・裏側からの吸水

サイディングに反りが発生すると、防水加工されていない側面や裏面にも水が直接当たるため、さらなる強度低下や損傷を招く可能性があります。

□サイディングの反りを防ぐための対策

それでは上記のリスクにさらされないために、どのような対策をすれば良いのでしょうか。
ここでは、サイディングの反りを防ぐための対策を2つ紹介します。

1:定期的な塗装メンテナンス

サイディングの耐久性と防水性を保つためには、定期的な塗装が欠かせません。
窯業系サイディングでは7~10年ごと、金属系では10~15年ごとが塗装メンテナンスの目安です。
このタイミングを逃すと、反りや浮きのリスクが高まってしまいます。

2:コーキングのメンテナンス

コーキング剤は、外壁の目地部分で最も早く劣化する部分です。
コーキングのメンテナンスには、打ち替えと増し打ちの2種類がありますが、基本的には打ち替えが推奨されます。
打ち替えにより、防水性や柔軟性が高められ、反りや浮きの予防につながります。

□まとめ

この記事では、サイディングの反りが生じる原因とその影響、さらには予防策について解説しました。
家屋の長期的な健康を保つためにも、適切な時期に塗装メンテナンスとコーキングメンテナンスを行うことがおすすめです。

当社では即日で、サイディングの健康を保つための住宅メンテナンスサービスを提供しております。
町田市周辺にお住まいの方で、住宅のメンテナンスにお困りの方は当社へご相談ください。

外壁塗装と一緒に雨戸の塗装をしよう!劣化の症状を見逃さず美観を保つ方法とは

外壁塗装は家の寿命を延ばし、美観を保つために重要です。
そして、外壁塗装と同じくらい重要なのが、雨戸の塗装です。
皆さん、外壁塗装の際に雨戸の塗装を見落としてはいませんか。
この記事では、雨戸の塗装の必要性について解説します。

□雨戸に塗装は必要なのか?外壁塗装との関連とは

外壁に対する塗装はよく聞くかもしれませんが、雨戸の塗装を聞くことは少ないでしょう。
外壁塗装と同時に雨戸の塗装も行うことは、住宅のメンテナンスにおいて重要です。
雨戸は建物を紫外線やさまざまな気象条件から保護する役割を果たします。
また、美観を維持するためにも、雨戸の状態を良くすることはかかせません。
特にさまざまな気候条件にさらされる地域では、雨戸の塗装は外壁塗装と同様に重要です。

雨戸の素材には金属製、木製、アルミ製などがあり、それぞれに適した塗装方法があります。
アルミ製の雨戸は耐久性に優れていますが、適切な塗装をすることでさらに寿命を延ばせます。

劣化した雨戸は、見た目の美観だけでなく、防犯面や断熱性にも影響を及ぼします。
雨戸の塗装を怠ると、最終的には雨戸の交換が必要となり、余計な費用が発生する可能性もあるのです。
定期的な塗装で、これらのリスクを未然に防げます。

□雨戸に塗装が必要な症状とは?

雨戸に塗装が必要な症状として、手で触ると粉が付く(チョーキング現象)、変色や色あせ、サビの発生があります。
チョーキング現象とは、紫外線によって水を弾く油が飛んでしまい、外壁の表面が色を付ける粉だけになってしまうことです。

これらの症状は、雨戸の塗装の必要性を示しています。
湿度が高い地域では、これらの症状が発生しやすい傾向にありますので気を付けてください。

塗装が必要な症状が見られた場合、適切な塗装材を使用し、専門の技術で塗装を行うことが重要です。
ご自身での対処は、さらなる症状の悪化を招く可能性もありますので、ぜひお困りの際には当社をはじめとする専門の住宅修復会社にお問い合わせください。

□まとめ

この記事では雨戸塗装について、外壁塗装とともに雨戸の塗装も必要であることと、塗装が必要な症状について紹介しました。
外壁塗装の際に雨戸塗装を行うことは、住宅の長期的な美観と機能を維持するために重要です。

当社では、雨戸の材質に合わせた塗装材を使用し、長持ちする仕上がりを提供しています。
町田市周辺にお住まいで、雨戸の塗をしたい方は、当社へご相談ください。

紫外線に強い塗料はどんな特徴をもつの?外壁の美しさと耐久性を守るために

外壁の美観と耐久性にこだわる住宅所有者にとって、紫外線の影響は避けて通れない重要なテーマです。
紫外線は家の美しさを損ねるだけでなく、長期的に見ると建物自体の寿命にも影響を及ぼす可能性もあるのです。

この記事では、紫外線が外壁塗装に及ぼす影響と、紫外線に強い塗料について解説します。

□紫外線は外壁塗装にも影響を与えます!

紫外線は太陽からの放射エネルギーで、肉眼では見えません。
地球に降り注ぐ太陽光の一部で、波長によってA、B、Cの3つのタイプに分類されます。
紫外線は、人体にとってビタミンDの生成に不可欠ですが、長時間の露出は皮膚がんのリスクを高めます。

紫外線の影響は外壁塗装にも及びます。
外壁が長期的に紫外線にさらされることで、塗膜が劣化し、色あせやチョーキング現象が生じることがあります。
これらは外壁の見た目だけでなく、防水性能にも悪影響を与えるため、適切な対策が求められるのです。

□紫外線に強い塗料の選び方!色が大切

それでは外壁を守るためにどのような外壁塗装で家を守るのが最適なのでしょうか。
ここでは、紫外線へ強いラジカル塗料や、紫外線に強い塗料の色や色選びの際の注意点について解説します。

*ラジカル制御型塗料

紫外線に強い塗料として、ラジカル制御型塗料があります。
この塗料は、紫外線による塗膜の劣化を抑え、外壁の美しさを長期間保つ効果があります。

*紫外線に強い色の特徴

特に、白やベージュなどの薄い色の塗料は、紫外線による劣化が少ないため、人気があります。

逆に、紫外線によって色あせしやすい色には、黄色や赤、紫などがあります。
この中でも黄色は、変色が最も早いといわれています。
これらの色を選ぶ際は注意が必要です。

しかし、適切な塗料を使用すれば、これらの色であっても紫外線による劣化を抑えられます。

*色の選び方

なお、色選びにおいては、紫外線の影響を考慮すると同時に、地域の景観や建物のスタイルに合わせることも大切です。
外壁塗装を考える際は、地域特有の環境や文化を踏まえた色選びをお勧めします。

□まとめ

この記事では紫外線に強い塗料について解説しました。
紫外線が外壁塗装に与える影響は大きく、特に色あせや塗膜の劣化が主な懸念事項です。

しかし、ラジカル制御型塗料のような適切な塗料を選ぶことで、これらの問題は最小限に抑えられます。

町田市周辺を拠点とする当社では皆さまの住宅のお悩みに対して最短即日で対応いたします。
外壁塗装は、ぜひ当社におまかせください。

塗装のやり直しの必要性はある?ピンホール問題の解決法について紹介

家の外壁塗装は、住まいの美観と保護の両面で重要です。
しかし、外壁を確認すると、ピンホールを見つけることがあります。
ピンホールの大きさや個数によっては、塗装のやり直しが必要です。

この記事では、外壁塗装を検討している方に向けて、ピンホールの影響と対処法についてご紹介します。

□塗装の敵「ピンホール」の正体とは?

ピンホールとは、針の先程度の小さな穴のことで、塗装面に発生することがあります。
1つや2つ程度のピンホールがあることには、問題はありませんが、数十個以上ピンホールがあったり、数ミリメートル以上の穴の大きさであったりする場合には、家に影響を及ぼす可能性があります。
見た目にも影響を及ぼすこの問題は、塗装品質を重視する上で気になるポイントです。

ピンホールは主に塗装工程の不備によって生じます。
例えば、塗料の希釈不足や乾燥不足、塗膜の厚みの誤差などが原因で発生することがあります。
この小さな穴が原因で、塗膜の耐久性が低下し、雨水が浸入してしまうリスクも発生するのです。
ピンホールは肉眼では見えにくいことも多いですが、光の角度を変えながら慎重にチェックすることで発見できます。

ピンホールが見つかった場合、塗装のやり直しを検討する必要があります。
特に、ピンホールが多くある場合は塗膜の剥がれや防水性の低下が懸念されます。

□ピンホールを発見したら塗装のやり直しが必要?

ピンホールを実際に発見した場合のために、適切な対処法を知っておくことが大切です。
ここでは、その対処法の手順を解説します。

1.施工保証の確認

まず、施工保証の有無を確かめましょう。
多くの塗装会社は施工保証を提供しているため、その範囲内であれば無償での修正が可能です。

2.塗装会社への連絡

ピンホールを発見した場合、冷静に会社に連絡し、状況を説明してください。
塗装してもらってから日が経っていないことや、みなさんの心情を伝えましょう。
非難や責任の追及よりも、具体的な解決策を提案してもらうことの方が大切です。

3.修正作業の内容を確認

通常、ピンホールが発見された場合は部分的な塗り直しで対応可能です。
しかし、状況によっては全面的な塗装のやり直しが必要になることもあります。

□まとめ

この記事ではピンホール問題の解決法について紹介しました。
ピンホールは塗装の品質に大きく影響する問題です。
この問題を理解し、発見した場合は塗装のやり直しをしてもらうことで、安心して美しい外壁を実現できます。

当社では、屋根の点検、雨漏り調査、雨漏り工事、屋根の葺き替え工事、上葺き工事などの屋根工事を始め、外壁塗装工事まで幅広く対応しています。
万が一、住宅が破損した場合でも、町田市周辺を拠点とする当社が迅速に対応いたします。