お見積り無料依頼はこちら

町田市・青葉区・麻生区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事なら町田市のゴールドホーム(GOLD HOME)

GOLD HOME

町田、青葉区、麻生区で外壁塗装を専門とするゴールドホームが教えるクラック(壁割れ)補修工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの専門業者ゴールドホームです。町田市、青葉区、麻生区を専門とする塗装業者になります。

今回は、麻生区S様より外壁のクラック補修と外壁塗装についてのご相談をいただきました。まずはクラックの状態から。

外壁クラック1
外壁クラック2
外壁クラック3

クラックとは外壁に現れたひび割れです。「ひび割れ」と聞くと大げさで怖い印象がありますよね。そもそもクラックは大きく分けて二つに分かれますが一つは塗膜に発生するクラックいわゆるヘアークラック、そしてもう一つは外壁材自体がひび割れてしまう構造クラックです。外壁自体に発生したひび割れは表面を覆う塗膜を破り、クラックとして表面に現れます。このように塗膜や外壁自体に起こるひび割れ、クラックですが経年や外壁材の特性や施工工程また地震などの外的要因などにより発生原因はさまざまです。

今回の物件は構造クラックになります。 構造クラックは外壁表面の塗膜のひび割れとは異なり、外壁内部から割れが起こってしまっている状態です。

建物の構造自体が力を受けたことによりゆがみ、割れてしまっており上述した通り早急な点検・補修が必要な状態だと言えます。原因としては微細なクラックだったものが構造クラックへと進行した、また地震や不同沈下といった外的要因などによるものです。建物の構造的欠陥とも関係があり筋交い等の不足などで建物が受ける想定以上の揺れ・歪みといった力が外壁材に働き、構造クラックを発生させることになります。

構造クラックの補修方法としてUカット工法という工法があります。

Uカット工法とは、コンクリートやモルタルなどのひび割れをダイヤモンド カッターなどで U 字型にカッティングし、可とう性エポキシ樹脂や弾性シーリング材を充填する工法です。

通常、ひび割れ幅が0.2mm以下の場合はヘアクラックと呼ばれるものなので、補修用フィラー等を擦り込みなどで補修します。

ひび割れ幅が0.3mm以上の場合はクラックを充填材で塞ぎ低圧注入やU型のダイヤモンドカッター等でクラックを切って補修するUカット工法で補修します。

Uカットしたところを清掃し、プライマー塗布後にシーリングを充填します。それからシーリングをしっかり乾燥させて、上にモルタルを形成します。形成したモルタルをしっかり乾燥させたら、マスチックローラーで模様合わせを行います。上塗りを施し、施工完了です。

この様にクラックの補修は可能ですがここまでの症状が出る前にしっかりメンテナンスを行っていきましょう。

外壁クラック、雨漏り、塗装の無料見積が必要な町田市、青葉区、麻生区にお住いの方はゴールドホームまでお問合せ下さい。

町田市、青葉区、麻生区で屋根工事を専門とするゴールドホームが教える屋根補修工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの専門業者ゴールドホームです。町田市、青葉区、麻生区を専門とする屋根業者になります。今回は、青葉区S様邸から屋根補修の無料見積りのご相談です。

まず現在使用されている屋根材は(化粧スレート・カラーベスト・コロニアル)と呼ばれる屋根材です。その中でも問題の多いニチハの屋根材「パミール」です。

屋根写真1
屋根写真2
屋根写真3

築7 年程度で表面が剥がれはじめ、十数年程度でボロボロに崩れだしてしまう… そのようなケースが多数、報告されているのがニチハ株式会社が製造・販売していたパミールという屋根材です。パミールは一般的にスレート(化粧スレート・カラーベスト・コロニアル)と呼ばれる屋根材で、1996 ~ 2008 年まで販売されていました。

2020 年現在、発売当初に新築を購入した際に屋根をパミールにした方で既に20 年、販売終了間際にお家を建てた方でも10 年経過しているとことになります。
このような問題を抱えている屋根材は今後、どのようなメンテナンスを行っていけばよいのでしょうか。

 メンテナンス方法は普通のスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根の場合、屋根塗装によるメンテナンスで寿命を延ばすことができます。しかし、パミールの場合は不可能です。
塗り替えを行っても、塗膜ではなく屋根材自体が剥離してきますので、メンテナンスにはならないのです。

それではどのようなメンテナンスを行っていけばよいのでしょうか。
パミールは塗装でお手入れして寿命を延ばすことができないので、選択肢は必然的に屋根カバー工法か屋根葺き替えになります。

屋根カバー工法を選択した場合、今後数十年は安心です。屋根葺き替えを選択した場合、その安心して過ごせる期間はさらに長くなります。ご自分やご家族のライフプランを考えて最適な選択をしてください。

屋根の不具合、雨漏り、塗装の無料見積が必要な町田市、青葉区、麻生区にお住いの方はゴールドホームまでお問合せ下さい。

町田市、青葉区、麻生区で塗装を専門とするゴールドホームが教える軒天ベニヤ補修

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの専門業者ゴールドホームです。町田市、青葉区、麻生区を専門とする塗装業者になります。

今回は、麻生区のT様からのご依頼で軒天ベニヤの不具合を見て補修の御見積をとのことでしたので早速現場調査。

まず初めによく聞かれる質問で、”べニア”なのか”ベニヤ”なのか教えてほしいと。

答えは、英語で薄い一枚の木の板のことを「Veneer(ベニヤ)」っていうんです。実は英語なんです。

話は脱線しましたがまずは今回の現場です。

軒天ベニヤ1
軒天ベニヤ2
軒天ベニヤ3

このように水でふやけた様な部分がかなり多くみられました。原因として考えられるのが、屋根からの雨漏りや雨樋の不具合などいろいろな要因があります。

屋根と屋根裏点検を行いましたが雨漏りの症状はなかった為雨樋を点検するとかなり詰まってる状態でした。

雨樋の詰まり

詰まりというより苔が生えてますね。これだと雨樋が正常に機能しない為雨がオーバーフローし他の部分に悪影響を及ぼします。その事が原因で破風板という部分をもダメにしてしまい今の様な現象につながります。

ですが今回の様な症状の全てが屋根からの雨漏りではないという事だけは知っていた方がいいですね。

まずは雨樋の清掃を行ってから軒天ベニヤの上貼り作業をして塗装をすれば元の状態に戻せますね。後日修復写真をアップ致します。

軒天ベニヤの不具合、雨漏り、塗装の無料見積が必要な町田市、青葉区、麻生区にお住いの方はゴールドホームまでお問合せ下さい。

瓦棒トタン屋根

おはようございます。

明日からまた天気が崩れるみたいですね。

昨日は町田市のF様より屋根の点検依頼をいただきました。

築30年の瓦棒トタン屋根で中古で買われたそうです。

屋根全体
屋根サビ
樋詰まり

屋根上を歩くと全体的に柔らかいので雨漏りの可能性が高いです。

下屋根は大丈夫だったので大屋根のみの葺き替え工事になります。

後日屋根裏点検をしてからの御見積ですので少々お待ちください。

まずは雨樋の清掃からスタートですね!こちらはおまかせください!

スレート屋根点検

おはようございます。

昨日は、川崎市麻生区からご依頼をいただき屋根の点検へ。

中古で買われて築25年の物件でしたが立地条件も悪くかなり痛みが進行していました。

全体写真
谷トタン部分

谷トタン部分はプランター状態に。

軒先部分

軒先のスレートは割れて釘の部分がむき出しになってます。

スレート表面

屋根は15年前に塗装をしたそうなのですが表面が剥がれてしまってます。

幸い雨漏りはなく、今回は塗装出来る状態ではないので屋根のカバー工法でのご提案になります。

とにかく雨漏りする前にお手入れをおすすめいたします。

洋瓦点検

おはようございます。

やっと天気も回復してきました。

先日は洋瓦屋根の点検に川崎市麻生区まで行ってまいりました。

全体写真
補修部分

以前、外壁塗装をした際についでに補修をしてもらったとおっしゃってた部分は劣化して剥がれてました。

カビ・苔
棟瓦
谷トタン

築18年ですのでそれなりの痛み方ですが、今回は特に重さが気になるそうですので屋根の軽量化についてご提案を致しました。

現在で3トンあるものを1トン以下まで軽量化が図れます。これからくるかもしれない地震の対策としては非常に有効的だと思われます。

屋根の重さを知りたい方はいつでもご連絡ください。

鉄階段

おはようございます。

先日の町田市Kアパートの続きです。こちらは2階建てのアパートで鉄階段が設置してありますがこちらは築20年で1度塗装経験ありです。

鉄階段
階段手摺
鉄階段裏
階段裏2

塗装だけでは修繕できないので溶接で補強してから塗装しないと安全には使えないですね。

やりがいのある鉄階段ですね。

アパートは満室でしたのでとにかく早く階段の部分はお手入れしましょう。

それでは今週も宜しくお願い致します。

スレート屋根

おはようございます。

昨日は町田市のKアパートの屋根点検のご依頼で現場まで。

築20年でお手入れは今までにしたことがないという事でした。

屋根に上ってみるとなるほどですね。とりあえず今のところ雨漏り等の被害は出ていないみたいです。

スレート屋根1

棟トタンは完全に錆がまわってました。

外壁との付け根
棟トタン浮き

棟トタンが浮いて抜き板が丸見え状態です。

スレート屋根表面

お客様の希望は屋根塗装と棟トタンの交換希望。

塗装するにはギリギリの状態ですが棟トタンは交換しないと駄目ですね。

とにかく見るところが沢山あるので別部分は後日のブログにて。

それでは楽しい休日を。

サイディングシーリング現調

おはようございます。

昨日は町田市K様邸にて現調依頼。

サイディングの目地部分の剥がれが気になるとの事でした。

築13年でお手入れは一度もされていない状態です。

ベランダ部分
南面外壁

シーリング部分は下地の防水シートが見える状態まで劣化してしまってました。

ベランダ部分と同じく北面以外はシーリングが弱って割れていたのでまずはシールを剥がして打ち直す必要があります。

とにかく外部から水の侵入を防ぐのが最優先になります。

サイディングのお宅の場合、南面のシールが特に劣化が早いので雨漏りする前に一度確認してみるのも手ですね。

基本的にはシーリングしてから外壁塗装をする流れになりますので心配な方はいつでもご相談お待ちしております。