お見積り無料依頼はこちら
お見積り無料依頼はこちら 0427088580

対応エリア

町田市・麻生区・青葉区を中心に 東京都・神奈川県全域対応 その他エリアもご相談ください。

町田市・青葉区・麻生区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事なら町田市のゴールドホーム(GOLD HOME)

GOLD HOME

町田市、横浜市、模原市、を中心に地域最安値・格安でご提案!ゴールドホームの外壁塗装工事

地域密着、町田市を中心に、横浜市・相模原市周辺の

外壁塗装・雨漏り修理・屋根工事業者のゴールドホームです。町田市、麻生区、青葉区を中心にその他の近隣地域ももちろん対応可能です。

これからは台風と秋雨の準備!外壁塗装・屋根工事・雨漏り工事・屋上防水のお悩みを格安で解決。

雨漏りは早期対応が肝心です。

今回は麻生区のお客様から屋根工事と外壁塗装工事のご依頼を頂きました。

今回の外壁塗装で使用した塗料はスーパーセランソフィアです。

いわゆる無機塗料になります。

施工前1

無機塗料とは

塗料には使われている樹脂成分の違いや、希釈材の違い、性能、硬さなどの違いにより多種多様な種類があります。

その中でも、樹脂成分の違いは耐用年数に直結します。樹脂とは有機物で、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの成分です。

さて、無機塗料の無機とは無機物の無機です。ガラスや陶器などがこれに当たり、何年たってもほとんど色褪せしない・汚れにくい・燃えない といったメリットと、硬くて割れやすい・発色が良くない といったデメリットを持っています。

ですが、無機成分のみで塗料を作ることはできないため、有機成分に無機成分を加えたものが「無機塗料」となります。無機塗料とは、必然的に「無機成分ハイブリッド塗料」であるということになります。

施工前2

数ある無機塗料の中でも、私が今最もお勧めしたいのが「ダイヤスーパーセランソフィア」という無機塗料です!

この塗料は、無機塗料の利点に加え さらに弱点までカバーした最強の塗料といえます。

劣化しにくい・汚れにくい・燃えないという性質を持ちながら、発色の良さと優れた柔軟性を備えているのです!

そしてまだまだ、優れた特徴があります。

完成写真1

①超耐候性

シリコン樹脂塗料の期待耐用年数は10~15年、フッソ樹脂塗料の期待耐用年数は15~20年ほどとされています。

これに対して、ダイヤスーパーセランソフィアは25~28年という圧倒的な期待耐用年数を誇ります。

耐候性が高いため、経年劣化による機能の低下を抑制し、この圧倒的耐用年数を実現します。

②柔軟性

ダイヤスーパーセランソフィアは無機塗料でありながら、柔軟性をもっています。

通常、コーキング材の上に硬い塗料を塗ると、コーキングの動きに追従できずに割れてしまいますが、ダイヤスーパーセランソフィアは弾力性を持っているためひび割れにも強いです。

③超低汚染性

無機塗料は静電気を帯びにくい性質があるため、汚れが付きにくくなります。

また、雨と馴染みやすい性質も持っているため、付着した汚れも流れ落ちやすくなります。

そのため、ダイヤスーパーセランソフィアは超低汚染性も保持しています。

④透湿性

また、さらに透湿性にも優れており、湿気を逃がすことができます。そのため、湿気による部材の劣化も抑えることができます。家の造りによっては湿気を溜めやすい工法が為されていることがあるのですが、そういったケースに最適な塗料です。

完成写真2

⑤防カビ・防藻性

さらにカビや藻の発生の原因となる汚染物質の付着を抑制します。

⑥旧塗膜適性

そして、様々な下地(外壁材)に塗ることができ、弱溶剤のため強い塗膜を作ることができます。

以上、今回は外壁塗装の塗料紹介でした。

次回は屋根工事について書いていきます。

町田市、横浜市、相模原市で屋根工事・外壁塗装でお悩みの方はまずは住宅診断から!

当然無料でお見積り可能です。雨漏りの方は水かけテストで原因を突き止めるところまでは無料で点検させて頂きます。

屋根以外にもサイディングやベランダ、屋上防水からの漏水にも対応致します。

天井にシミがある、湿気が気になるという方はいつでもご連絡ください。

場合によっては火災保険の適用工事かもお教えいたします。

これは火災保険使えるの?というお悩みにもお答えいたします。

ご納得いただける料金でご提案致します。格安ですが安いだけではありません。

町田市、横浜市、模原市、等を地域最安値・格安でご提案!ゴールドホームの外壁塗装工事

地域密着、町田市を中心に、横浜市・相模原市周辺の

外壁塗装・雨漏り修理・屋根工事業者のゴールドホームです。町田市、麻生区、青葉区を中心にその他の近隣地域ももちろん対応可能です。

これからは台風と秋雨の準備!外壁塗装・屋根工事・雨漏り工事・屋上防水のお悩みを格安で解決。

雨漏りは早期対応が肝心です。

今回は町田市のお客様の外壁塗装をさせていただきました。

施工前1

屋根や外壁の塗装工事を検討している方の中には、「工事期間がどれくらいかかるのか?」気になる方も多いのではないでしょうか?

このようなお悩みや不安をお抱えの方のために、外壁塗装工事の基本的な工程と期間についてご説明したいと思います。
事前に必要な知識をおさえ、安心して外壁塗装を迎えられるようにしましょう。

施工前2

弊社の場合ですとまず外壁塗装着工1週間前から近隣に工事挨拶を行います。この時に工事中の注意事項を近隣の方々にお伝えいたします。

外壁塗装工事に必要となるのが足場の設置です。

30坪程度のお宅でしたら2人で8:30~14:00くらいの作業になります。階段があったり搬入しづらい場所などはもう少し時間がかかる場合があります。

足場を設置しましたら外壁塗装前に外壁の洗浄になります。屋根も塗装する場合は屋根から洗浄していきます。

外壁の水洗いが終わりましたら次の作業は窓廻り等の養生作業になります。

養生は意外と時間がかかりますので1日~1日半が目安です。

養生作業が終了しましたら次は外壁塗装の下塗り作業です。今主流の外壁塗料は3回塗りが多いので外壁下塗り・中塗り・上塗りという流れで塗装していきます。

完成写真

外壁塗装が完了しましたら次は付帯部分の塗装になります。お家によって違いますが破風板・軒天・雨樋・トタン等の塗り物がでてきますので、こちらも丁寧に塗っていきます。

外壁塗装・付帯部分塗装が終わりましたら養生を剥がしていきます。

その後に塗り残し確認、清掃を行い足場解体という流れになります。

ここまでの外壁塗装にかかわる作業を行って約2週間程度の日数がかかります。

完成写真2

外壁塗装の日程は計画的に!

町田市、横浜市、相模原市で屋根工事・外壁塗装でお悩みの方はまずは住宅診断から!

当然無料でお見積り可能です。雨漏りの方は水かけテストで原因を突き止めるところまでは無料で点検させて頂きます。

屋根以外にもサイディングやベランダ、屋上防水からの漏水にも対応致します。

天井にシミがある、湿気が気になるという方はいつでもご連絡ください。

場合によっては火災保険の適用工事かもお教えいたします。

これは火災保険使えるの?というお悩みにもお答えいたします。

ご納得いただける料金でご提案致します。格安ですが安いだけではありません。

町田市、横浜市、模原市、等を地域最安値・格安でご提案!ゴールドホームの外壁塗装工事

地域密着、町田市を中心に、横浜市・相模原市周辺の

外壁塗装・雨漏り修理・屋根工事業者のゴールドホームです。町田市、麻生区、青葉区を中心にその他の近隣地域ももちろん対応可能です。

これからは台風と秋雨の準備!外壁塗装・屋根工事・雨漏り工事・屋上防水のお悩みを格安で解決。

雨漏り点検、火災保険調査、お見積りはすべて無料で行いますのでご安心ください。

前回の続きで町田市のお客様の外壁塗装です。

施工前

今回はALCボードの外壁塗装になります。

サイディングと比較すると外壁自体に厚みがあり、石造りを思わせるシンプルで重厚な質感が特徴的ですね。フラットなタイプ以外に、タイルなどを模した凹凸のあるデザインもあります。

外観的には非常に頑丈な印象を受けるALC住宅ですが、築10年前後を目安にシーリングの傷みが気になり始めることが多いようです。

機能性に優れた外壁材であるALCの特性を活かして長持ちさせるためにも、ぜひ知っておいていただきたいのが”ALCの弱点”です。

まずひとつは、継ぎ目の多さです。
例えば、サイディング板の横幅は910〜1000mm。それに比べてALCの横幅は305mm・610mm。設計の自由度を高めるため、小さめに設計されています。

つまり、外壁の継ぎ目がサイディングの約1.5倍になるということですね。
継ぎ目は多ければ多いほど、そこからの漏水リスクが高まります。
もちろん雨水の侵入を防ぐため、板間の継ぎ目にはシーリングという目地材を施工しますが、定期的な目地のメンテンスを怠ると、雨漏りの可能性がぐんと高まります。

もうひとつのポイントは、多くの場合 “2次防水が無い”という点です。
サイディングで施工した住宅の場合、外壁の内側には透湿シートが張られます。多少の漏水があっても、雨水がすぐに浸透するわけではありません。

しかし、ALCの場合は違います。基本的に透湿シートは施工しないため、クラックの発生やシーリングの劣化は雨漏りに直結するとお考えください。

シーリングの劣化が起こるのはサイディングも同じですが、ALC外壁にとってシーリングは最重要とも言えるメンテンスポイント。サイディングよりも念入りな注意が必要です。

完成写真1
完成写真2

ALCで特に気をつけるべき箇所はシーリングであると申し上げましたが、さらにもう一点、知っておいていただきたいことがあります。
ALCパネル自体に防水性はありません。現場での塗装によって防水機能を持たせています。
これも、しっかりと頭に留めておいてくださいね。

塗装やシーリングの劣化が外壁や構造のダメージにつながるのはALCに限ったことではありませんが、比較的リスクの高い材料であるという認識をお持ちになって、積極的なメンテナンスを心がけるのが長持ちの秘訣です。

シーリングの痛みやクラックが見られた時点で、お早めに再塗装を検討されるのが良いかと思います。定期的に塗装を行うことで経年による劣化を最小限にとどめ、ALCのメリットを充分に活かせるでしょう。

クラック等が発生したらまずはご相談ください。

町田市、横浜市、相模原市で屋根工事・外壁塗装でお悩みの方はまずは住宅診断から!

当然無料でお見積り可能です。雨漏りの方は水かけテストで原因を突き止めるところまでは無料で点検させて頂きます。

屋根以外にもサイディングやベランダ、屋上防水からの漏水にも対応致します。

天井にシミがある、湿気が気になるという方はいつでもご連絡ください。

場合によっては火災保険の適用工事かもお教えいたします。

これは火災保険使えるの?というお悩みにもお答えいたします。

ご納得いただける料金でご提案致します。格安ですが安いだけではありません。

外壁塗装・屋根工事料金表

「確かな技術」と「安心の価格設定」で地域のお客様へ

外壁塗装・屋根工事 0円診断&見積 外壁・屋根のプロがしっかりと診断させていただきます。

外壁塗装プラン

外壁塗装の種類と特徴、料金表

ゴールドホーム限定マル得子育てファミリープラン

屋根工事プラン

葺き替え・カバー工法 料金表

ゴールドホームが選ばれる2つの理由

保証期間5年~15年・火災保険活用

リフォームもお任せください!

LIXILウォシュレットトイレ・リンナイ給湯器等のリフォーム料金例

町田市、横浜市、模原市、等を地域最安値・格安でご提案!ゴールドホームの外壁塗装工事

地域密着、町田市を中心に、横浜市・相模原市周辺の

外壁塗装・雨漏り修理・屋根工事業者のゴールドホームです。町田市、麻生区、青葉区を中心にその他の近隣地域ももちろん対応可能です。

これからは台風と秋雨の準備!外壁塗装・屋根工事・雨漏り工事・屋上防水のお悩みを格安で解決。

雨漏りは早期対応が肝心です。

今回は前回の続きで外壁塗装になります。

施工前

サイディングの外壁でシーリングの痛みが進行していた為シーリングをしてからの外壁塗装になります。

外壁のコーキング(シーリング)の補修方法には、「打ち替え」「増し打ち」の2パターンあります。

外壁塗装などを検討するときに初めて知った、という方も多いのではないでしょうか。

実はこの「打ち替え」「増し打ち」は、多少金額が違ううえに、コーキングの場所や劣化状態によって使い分けが必要です。

選択を誤ると、損をしてしまったり、せっかく補修したのに不具合が出たりする恐れがあります。

施工前

コーキング補修は地味な小さい作業かもしれませんが、お家を長く保つためには非常に重要です。

打ち替えは、傷んだ古い目地をカッターなどで切り取ってから、新しいコーキング材を充填する方法です。

目地撤去の手間がある分、増し打ちよりも少し費用がかかりますが、傷んだ部分をしっかり取り除くことができます。

増し打ちは、古い目地の上にそのままコーキングを塗り重ねる方法です。

古い目地の状態が悪いと上塗りした部分だけ剥がれてしまう恐れがありますが、作業の手間は少ないため費用はお安くできます。

完成写真

外壁塗装工事などでコーキング補修をするときは、基本的には「打ち替え」がおすすめです。

古いコーキング材を撤去して中身を新品にするため、耐久性も良くなるからです。

外壁の目地の隙間をしっかり埋めて、防水性や柔軟性を確保できます。

増し打ちでは、傷んで固くなったコーキングを修復できるわけではありません。

表面だけ塗り重ねても、内側の古いコーキングはまたひび割れたり隙間ができたりする恐れがあります。また、古いコーキングと新しいコーキングがうまく馴染まず、剥がれてしまうこともあります。

増し打ちよりも手間・費用はかかりますが、建材のメンテナンスには打ち替えがベストです。

完成写真

例外的に「増し打ち」の方が適しているのが、窓やドアなどのサッシ周りのコーキンです。

サッシ周りを打ち替えようとしてカッターを入れると、奥にある防水紙を誤って切ってしまい、雨漏りを引き起こす可能性が高いからです。

補修しようとしてかえって雨漏りの原因を作っては元も子もないですよね。

このため、サッシ周りは古い目地撤去をしない増し打ちを行います。

このほか、入隅(いりずみ)という部分も

・構造上の問題で既存のコーキングが撤去出来ない

・無理やり撤去しようとすると建材を傷つけてしまう

ことが多いため、増し打ちが適しています。

以上外壁塗装の付帯工事でシーリング工事でした。

町田市、横浜市、相模原市で屋根工事・外壁塗装でお悩みの方はまずは住宅診断から!

これから来る台風や秋雨に備えて今現在雨漏りされている方、今はまだ雨漏りされていない方も相談と点検は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。屋根やベランダからの雨漏りが多いですが屋上防水や窓廻りからの可能性も!

最近は、町田市・麻生区・青葉区の屋上防水のお問い合わせが増えています。

ご納得いただける料金でご提案致します。格安ですが安いだけではありません。

町田市、横浜市、模原市、等を地域最安値・格安でご提案!ゴールドホームの外壁塗装工事

地域密着、町田市を中心に、横浜市・相模原市周辺の

外壁塗装・雨漏り修理・屋根工事業者のゴールドホームです。町田市、麻生区、青葉区を中心にその他の近隣地域ももちろん対応可能です。

これからは台風と秋雨の準備!外壁塗装・屋根工事・雨漏り工事・屋上防水のお悩みを格安で解決。

雨漏りは早期対応が肝心です。

今回は麻生区の外壁塗装工事について書いていきます。

施工前

今回は木部が多く使われた物件です。木材が外装に使われている箇所は、外壁本体などと比べても非常に傷みやすいといえます。
木材は天然素材のため、塗装などで保護しなくては雨や細菌の影響で、すぐに腐ったりカビが生えたりしてしまうのです。

さらに、木材を保護するために施している塗装も、通常の外壁に比べ劣化しやすくなります。
そのため木材でできている部分は、外壁塗装以上にメンテナンスには気を使う必要があります。

施工前2

木材は、調湿作用を持っています。
これは、湿度が高いと湿気を吸い込み、湿度が下がると湿気を吐き出す作用のことです。
この作用があるからこそ、水分過多による腐食や乾燥によるひび割れをある程度防ぐことができます。

ただし、湿気を吸い込んだり吐き出したりするわけですから、それに伴い木材自身も膨張と収縮を繰り返します
そのため、塗装がどうしても剥がれたりひび割れたりしやすくなります。

完成写真1

木材は天然素材なので、バクテリアや細菌の影響で腐食していきます。
もちろん腐食防止の対策は施されていますが、それでもセメントやモルタルのような人工物と比べると、腐食に対して弱い材料と言えるのです。

さらに、腐食防止の塗料や薬剤も、時間の経過と共にどんどん効果が薄れてきます。
だからこそ、定期的に塗装を塗り替え、しっかりとガードしてあげることが木材では非常に重要なことなのです。
適切なメンテナンスを実施していれば、長期に渡り腐食を防ぐことは難しくありません。

完成写真2

下地処理をしっかりして外壁塗装と同様位耐久性を持たせてあげましょう。

以上、木部塗装でした。

町田市、横浜市、相模原市で屋根工事・外壁塗装でお悩みの方はまずは住宅診断から!

これから来る台風や秋雨に備えて今現在雨漏りされている方、今はまだ雨漏りされていない方も相談と点検は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。屋根やベランダからの雨漏りが多いですが屋上防水や窓廻りからの可能性も!

最近は、町田市・麻生区・青葉区の屋上防水のお問い合わせが増えています。

ご納得いただける料金でご提案致します。格安ですが安いだけではありません。

町田市、横浜市、模原市、を中心に地域最安値・格安でご提案!ゴールドホームの外壁塗装工事

地域密着、町田市を中心に、横浜市・相模原市周辺の

外壁塗装・雨漏り修理・屋根工事業者のゴールドホームです。町田市、麻生区、青葉区のお客様からのお問い合わせが多いですがその他の地域も対応可能です。

これからは台風と秋雨の準備!外壁塗装・屋根工事・雨漏り工事・屋上防水のお悩み解決。

雨漏りはどこよりも早く対応致します。

施工前
施工前2

今回は麻生区のお客様から外壁塗装と屋根カバー工事のご依頼を頂きました。

外壁塗装には、業者の選び方からアフターフォローに至るまで、その過程に多くの注意点が潜んでいます。外壁塗装は高い買い物なので絶対に失敗したくありませんよね。

外壁塗装に関しての玉石混交で膨大な情報がネットや口コミ等で散在しており、何が正しい情報なのかを見極めることも難しくなってきました。

そんな中弊社のホームページからご連絡を頂きました。

数ある塗装業者の中から、本当に良い業者を選ぶのは非常に難しいことです。たまたま出会った業者で決めてしまい、後からよく調べてみると、相場とはかけ離れた金額で施工させられていた、なんていうことはよくある話です。その原因は、塗装の検討者自身が費用だけで業者を選んでいる、契約内容を確認しないまま選んでいるケースが多く、業者任せにしているケースが非常に多いからなのです。その背景には、塗装という商品自体に定価がなく、相場が一般的に知られていないという点と、塗装後は誰が塗装しても出来上がりは綺麗にみえてしまうという点が要因としてあります。ですので他社とも比較していただき選んでいただきました。

完成写真1
完成写真2

「外壁塗装一式」と書かれ、総額費用しか分からない見積書を提出する業者は要注意です。安い費用の見積書を出してきていざ工事が始まった後に、追加工事・追加請求となる危険性が非常に高いです。費用だけでなく、書かれている内容(費用の内訳や使用塗料名など)も確認することが、安心できる業者選びの判断ポイントとなります。

まずは数社から見積りを取ってしっかり比較してみてください。

ご連絡頂ければ細かく明記したお見積りをお出しいたします。

次回は屋根工事について書いていきます。

町田市、横浜市、相模原市で屋根工事・外壁塗装をお考えならまずはお電話を!

これから来る台風や秋雨に備えて今現在雨漏りされている方、今はまだ雨漏りされていない方も相談と点検は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

最近は、町田市・麻生区・青葉区の屋上防水のお問い合わせが増えています。

お問い合わせ後のしつこい勧誘などは一切行っておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

できるだけ格安でご提案致します。格安ですが安いだけではありません。

町田市、横浜市、模原市、等を地域最安値・格安でご提案!ゴールドホームの外壁塗装工事

地域密着、町田市を中心に、横浜市・相模原市周辺の

外壁塗装・雨漏り修理・屋根工事業者のゴールドホームです。

これからは台風と秋雨の準備!外壁塗装・屋根工事・雨漏り工事・屋上防水・エクステリア工事、のお悩み解決。

雨漏りはどこよりも早く対応致します。

今回は町田市のお客様から屋根工事と外壁塗装工事のご依頼を頂きました。まずは外壁塗装について書いていきます。

施工前

その中でも外壁に付帯する雨樋のメンテナンスです。立地的に葉っぱが詰まりやすいところでした。外壁塗装や屋根塗装と比べると、雨樋塗装はどうしても軽視されてしまいます。

雨樋のメンテナンスには必ず「塗装」か「交換」が必要となり、お家の症状や目的、予算等によってどちらにするのか選択する必要があります。

せっかく綺麗なお家でも雨樋がボロボロだとみっともなく見えてしまいます。

しかし、雨樋は雨水を1箇所に集めて排水を行うため、埃や葉っぱが溜まりやすく、これらの腐食の影響で塗装部分は8年~10年程度で剥げてしまいます。

完成写真

雨樋に機能性を持たせることで、雨樋本来の劣化進行を少し遅らせる点です。雨樋の一番の役割は、屋根から落ちてくる雨水を一箇所に集め、効率よく地面に排水することにあります。

屋根・外壁塗装で塗料の色を選べる様に雨樋の塗装でも塗料の色を選ぶことが可能です。何色を選ぶかはお家の持ち主の方の自由ですが、多くの人は外壁に使用した色とは敢えて違った色を入れることでアクセントを出す。もしくは外壁に使った色と同系色の色を選び、お家全体に統一感を出すといった方法で選ばれています。雨樋を塗装することで、外観にアクセントを出し、スタイリッシュな印象を与え、全体を引き締める効果をもたらすことや、色を統一することによっておしゃれな印象を与えることができます。

完成写真2

雨樋も経年劣化によってチョーキングや、塗装の剥がれ等が発生します。雨樋にチョーキングや、剥がれが発生しているということは雨樋を設置してから数年以上がすでに経過しているはずです。

そうなると雨、風、雪などの自然の影響を大きく受けやすい雨樋は見た目以上に傷んでいることがあります。そんな状態の雨樋に塗装をすると、剥がれやチョーキング等の問題が発生しやすいです。こういった場合には塗装ではなく交換することも対処の一つとして考えられますので、必ずしも塗装をしなければならないということではないということを覚えておきましょう。

経年劣化して、ひどい状態になると雨樋のひび割れや破損で穴があちこちで空きます。そうなると塗装では修繕が不可能ですので交換する必要があります。

次回は屋根工事について書いていきます。

町田市、横浜市、相模原市で屋根工事・外壁塗装をお考えならまずはお電話を!

これから来る台風や秋雨に備えて今現在雨漏りされている方、今はまだ雨漏りされていない方も相談と点検は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

ここのところサイディング外壁の凍害による剥離が増えてきてます。。凍害でお悩みの方も即解決!

お問い合わせ後のしつこい勧誘などは一切行っておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

地域最安値、格安でご提案致します。格安ですが安いだけではありません。

町田市、横浜市、模原市、等を地域最安値・格安でご提案!ゴールドホームの屋根工事

地域密着、町田市を中心に、横浜市・相模原市周辺の

外壁塗装・雨漏り修理・屋根工事業者のゴールドホームです。

これからは台風と秋雨の準備!外壁塗装・屋根工事・雨漏り工事・屋上防水・エクステリア工事、のお悩み解決。

雨漏りはどこよりも早く対応致します。

今回は横浜市のお客様から屋根工事と外壁塗装工事のご依頼を頂きました。

前回は屋根の記事でしたので今回は外壁塗装について書いていきます。

施工前
施工前

今回の外壁はサイディング外壁になります。サイディングは半永久的、と思われている方、建てた時にサイディングには塗装はいらないと業者に言われた・・・という方もいるかもしれませんが、結論から申し上げますと、サイディングには塗装が必要不可欠です。なぜならサイディング外壁は外気にさらされているため、紫外線や雨風の影響を受け、外壁の劣化が起きるからです。

では、サイディングの耐用年数と塗替え周期はどのくらいなのでしょうか。耐用年数でいえば、サイディングの種類によっても違ってきますが、一番多いのが新築から10年前後、最短でも6年、最長15年もった、という住宅もあります。新築から6年というのは自然的な傷みというより、だいたいの場合建てた建築屋さんの家の作り方が原因というものが多いですね。塗替え周期も同じく塗装する塗料の種類によって違ってきますが、約10~15年が目安です。

完成写真1
完成写真2

今回使用した塗料は、アレスダイナミックトップは、大手塗料メーカーの関西ペイントから販売・製造されている「ラジカル制御機能」を有した水性シリコン塗料です。

『ラジカル』とは、塗料の主成分のひとつ「酸化チタン」に紫外線が当たることにより発生する物質です。

一般の塗膜は、このラジカルが発生し塗膜を破壊し劣化を促進させます。

アレスダイナミックTOPは、この「ラジカル」の発生を抑え、樹脂の性能を最大限に引き出すことに成功した塗料です。

ラジカル制御機能により、水性シリコン塗料でありながらフッ素に迫る耐久性をもっています。

外壁塗装でお悩みの方はぜひ使ってみてください。

町田市、横浜市、相模原市で屋根工事・外壁塗装をお考えならまずはお電話を!

これから来る台風や秋雨に備えて今現在雨漏りされている方、今はまだ雨漏りされていない方も相談と点検は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

ここのところサイディング外壁の凍害による剥離が増えてきてます。。凍害でお悩みの方も即解決!

お問い合わせ後のしつこい勧誘などは一切行っておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

地域最安値、格安でご提案致します。格安ですが安いだけではありません。

町田市を中心に、横浜市青葉区、横浜市麻生区、相模原市、等を地域最安値・格安でご提案!ゴールドホームの外壁塗装工事

地域密着、町田市を中心に、横浜市青葉区・横浜市麻生区・相模原市等の

外壁塗装・雨漏り修理業者のゴールドホームです。

梅雨も明けて台風に備えて、外壁塗装・屋根工事・雨漏り工事・屋上防水・エクステリア工事、のご相談お待ちしております

雨漏りは最短で対応致します!

施工前
施工前

前回の屋根カバー工事に続き外壁塗装の記事になります。

今回使う塗料、アレスダイナミックTOPの最大の特徴は、湿潤面・高湿度でも塗装可能な高い付着力です。

かんたんに言うと、外壁塗装の際雨の日や湿度の高い環境下でも外壁塗装塗装ができるということです。

本来、塗装作業は基本的に雨の日や湿度の高い日は作業ができません。

剥離、膨れ、塗りムラ、白化などの不具合が発生し、塗料本来の性能が発揮されないからです。

しかしアレスダイナミックTOPは、「ダイナミック強化剤」と「アレスダイナミックフィラー(下塗り材)」を組み合わせることにより、雨養生された現場であれば、雨で多少濡れた壁や、湿度85%以上の環境下でも塗装可能となりました。

完成写真

アレスダイナミックTOPの期待耐用年数は、13年~15年です。
一般のシリコン塗料よりも高耐久で、フッ素に迫る耐用年数です。

高耐久を実現できるのは、関西ペイント独自の「4つの技術」を有しているからです。

①高性能シリコンレジン

超強力な結合エネルギーを持つ「高性能シリコンレジン」で紫外線劣化を阻止します。(レジンとは日本語で樹脂という意味です。)

シリコンレジンは、紫外線・熱・水などにより分解しにくく耐候性に優れています。

②UVトラップ

「高性能シリコンレジン」をすり抜けた紫外線を「UV(紫外線)トラップ」で無害化します。

③ラジカルバリアコート

塗料の主成分のひとつであり、ラジカルを発生する物質の「酸化チタン」への紫外線の到達を阻止し、ラジカルの発生を抑制します。

④HALSラジカルキャッチャー

「HALS(ハルス)」とは、紫外線により発生した劣化因子のラジカルと反応し、無害化させる光安定剤です。光劣化反応を抑制し、耐候性を増強してくれます。
アレスダイナミックTOPは、極微量すり抜けた紫外線によって発生したラジカルを、HALSラジカルキャッチャーで捕獲し無害化させます。

完成写真2

アレスダイナミックTOPは「艶の調整」が可能です。

「艶あり・7分艶・5分艶・3分艶・艶消し」と細かく艶調整ができます。好みに合わせて調整しましょう。

アレスダイナミックTOPは上品な艶加減ですので、艶ありでも艶が強すぎるということはありません。

今回は艶消しで塗装させて頂きました。

町田市を中心に、横浜市麻生区、横浜市青葉区、相模原市で屋根塗装・外壁塗装をお考えならまずはお電話を!

梅雨が終わると次は台風に悩まされます。今現在雨漏りされている方、今はまだ雨漏りされていない方も相談と点検は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

雨漏りは屋根からだけではないので色々な原因を調査しましょう。

サイディング外壁の凍害による剥離が増えてきてます。。凍害でお悩みの方も即解決!

お問い合わせ後のしつこい勧誘などは一切行っておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

地域最安値、格安でご提案致します。格安ですが安いだけではありません。