町田市・青葉区・麻生区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事なら町田市のゴールドホーム(GOLD HOME)

GOLD HOME

町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は前回に続き、町田市のお客様の外壁塗装について書いていきます。

サイディングボードの外壁でしたのでつなぎ目には目地(シーリング)が使われております。こちらを補修してからの外壁塗装工事になります。

 お住まいの塗り替え、特に窯業系サイディングの外壁の場合、絶対に忘れてはならないことがあります。窯業系サイディングボードの継ぎ目(合わせ目)に充填されているシーリング(材)です。

 このシーリング材、外壁内側への雨水の浸入を防ぐほか、地震時の揺れの際にサイディングボード同士の干渉を防いで破損をさせない緩衝材の役割を担っています。
 また、四季の寒暖にあわせて膨張と縮小を繰り返す外壁に追随することによっても、雨水の浸入を防いでいます。
 お住まいにとって、とても重要な部分です。

施工前
目地剥がし

 耐用年数が長い塗料で外壁塗装をするのだったら、シーリング材もそれに合わせて選ぶべきです。「オートンイクシード」は耐用年数15年超の塗料以上の寿命を持つシーリング材で、その寿命は20年超とも言われています。

材料

1 劣化の原因となる可塑剤を無配合

 シーリング材を柔らかくするために添加される可塑剤ですが、紫外線、雨、温度変化、経年など様々な要因でシーリング材から分離していきます。

 この現象をブリードと言い、可塑剤が分離したシーリング材は柔軟性と弾性が失われているので、ボロボロに崩れていきます。

 オートンイクシードは経年で流出してしまう可塑剤の代わりに新開発された『LSポリマー』が配合されています。

 可塑剤と異なり、流出しませんので弾性を超長時間維持します。

プライマー塗布

2 外壁材への圧倒的な接着力とどこまでも動きに追随する耐ムーブメント力

 一般的なシーリング材の伸び率は400%ですが、オートンイクシードは1000%超! 圧倒的な低モジュラス(反発力)で破断を防ぎます。

シール打ち替え

 普通のシーリング材の場合、劣化でサイディングボードとの接着面から剥がれてしまうことがほとんどです。

剥がれた面からサイディングボードへ雨水が染み込み、乾燥や凍結を繰り返すとその部分が弱くなっていきます。すると、今度はサイディングボードの強度が低下しているので、ひびが入りやすくなます。

オートンイクシードは接着力も高く、耐久性も高いのでこういった心配もありません。

完成

サイディングの外壁塗装の場合はシーリングにもしっかりこだわっての施工をおすすめします!

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市のお客様の外壁塗装工事でご依頼いただきました。外壁塗装に関しては関西ペイントのダイナミックMUKIにて仕上げさせて頂きました。

施工前

「アレスダイナミックMUKI」は、関西ペイント株式会社が製造する「快適生活提案塗料シリーズ」の一つで、耐候性・低汚染性に優れた無機・有機ハイブリッド塗料です。

関西ペイントのハイブリッド技術により、「無機」の強靭性と「有機」の柔軟性を最大限に発揮させることに成功しました。

従来の最高位グレードである「フッ素樹脂塗料」を超越した、 超長期耐久性を持つアレスダイナミックMUKI。

今回はお客様の外壁がサイディングボードの為、外壁塗装の前に目地(シール)の交換と増し打ちを行っていきます。

目地交換

目地交換については次回詳しく書いていきます。

今回のアレスダイナミックMUKIは、無機・有機ハイブリッド塗料です。外部からの太陽光や紫外線、雨水に強い無機の特性と、柔軟性があり加工がしやすく、コーティングした素材を強力に保護するフッ素樹脂の特性を独自の複合技術により融合ております。

アレスダイナミックMUKIの耐久年数は15年以上あり、長期にわたり外壁を保護します。無機・有機の異なる特性を最大限に発揮させる塗料です。

下塗り

アレスダイナミックMUKIは、製造元の関西ペイントの技術力が結集されて誕生した塗料です。

ハイブリッド技術の他、ラジカル制御機能、樹脂間結合技術が詰め込まれています。従来のフッ素塗料の耐久年数を超え、建物の超寿命化を実現しました。

高性能フッ素レジン、UVトラップ、HARSラジカルキャッチャー、ラジカルバリヤコートの4つの塗膜コントロール技術で、「ラジカル」という塗膜を劣化させる原因物質を制御する性能を備えています。

さらに、無機レジンとフッ素レジンを結合させるダイナミックレジン複合技術により、強固な塗膜の形成と素地への強い付着力を発揮します。

これらの技術力の結集により、アレスダイナミックMUKIの耐候性は飛躍的に向上しました。建物を長期にわたって保護し、長寿命化を叶える塗料です。

中塗り

アレスダイナミックMUKIは、外壁に汚れが付着しにくい超低汚染性を備えた塗料です。湿度の高い場所に生じやすいカビや藻の発生を抑える防カビ・防藻性能が付与され、超低汚染性効果を最大限高めています。

アレスダイナミックMUKIは主成分を水とする水性塗料のため、水となじみやすい性質「親水性」に優れています。

親水性の塗膜を形成することにより、外壁に付着した汚れを雨水と一緒に洗い流してくれます。雨垂れを低減し、建物の美観を長期間維持する効果があります。

施工後

アレスダイナミックMUKIは、弾性下地に対応した塗料です。無機は固い特性を持ちますが、アレスダイナミックMUKIには弾性下地にも追従する柔軟性を持たせています。

クラックなどのひび割れに強い塗膜を形成し、外壁のひび割れを防ぎます。また、ひび割れが発生した場合も、塗料の追従性によりひび割れ箇所を塞ぐため、雨水など水分の侵入を防ぎ外壁を保護します。

ちょうど梅雨に入ってしまい工事が長引いてご迷惑おかけしましたがご主人様と奥様がじっくり選ばれた色できれいに仕上がりました。

やっぱり青と白は相性がいいですね。

今回は外壁塗装のご依頼ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市のお客様の外壁塗装・屋根カバー工事でご依頼いただきました。外壁塗装に関しては関西ペイントのダイナミックTOPにて仕上げさせて頂きました。

施工前
鉄部ケレン

まずは高圧洗浄機で水洗いを行い、鉄部等はケレン作業を行い下塗りができる準備をしていきます。

今回、外壁塗装に使う塗料は関西ペイントのアレスダイナミックTOPになります。

アレスダイナミックトップは樹脂グレードで分類するとラジカル制御型塗料になり、耐用年数は、促進耐候性試験により15年と発表されています。

促進耐候性試験とは、人工的に太陽光・温度・湿度・降雨などの屋内外の条件を作り出して、劣化具合を図る試験になります。

上記の促進耐候性試験の結果表を見ると分かりますがシリコン塗料、ウレタン塗料と比べると段違いに劣化のスピードが遅いことが分かりますね。

このように極めて耐久性が高いので15年周期の塗り替えが可能なので、細目に塗り替えを行うよりも手間やコストの面で優れています。

下塗り

今回の町田市のお客様の外壁塗装はちょうど梅雨時期でしたのでそういう場合には最適の塗料です。

さすがに雨の日は施工しませんが雨の日でも大丈夫とされております。

  • 雨の日でも施工できるので工期にずれが起きにくく扱いやすい塗料
  • 外壁につやが出るので施工後の満足感は高いです
  • ラジカル制御型塗料はこれからの主流になることが予想されます
  • 費用対効果の面でかなりおすすめの塗料です
  • ラジカル制御型の中では最高品質だと思っています
  • 梅雨時でも最高のパフォーマンスが期待できます
  • 水性塗料なので施工しやすい
上塗り
完成写真

梅雨の晴れ間を利用してきれいに仕上がりました。完了期日内に終わってお客様も満足されてました。

今後とも宜しくお願い致します。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装・屋根工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市のお客様の外壁塗装と屋根カバー工事でご依頼いただきました。外壁塗装に関しては関西ペイントのダイナミックTOPにて仕上げさせて頂きました。

屋根カバー工事は金属屋根希望でしたのでアイジー工業のスーパーガルテクトでの仕上げになりました。

※「カバー工法」とは?…既存の屋根材の上から覆うように新しい屋根材を設置していく工事方法です。古い屋根材の解体・撤去のための費用がかからないため、屋根材を全て交換する葺き替え(ふきかえ)工事よりも、リフォーム費用を抑える事ができます。

施工前

優れた耐久性

ガルテクトには新たなめっき成分として、従来のガルバリウム鋼板に「マグネシウム」が2%添加されました。
これにより、さらに防錆性が高まり、錆びにくい金属屋根材となりました。
特に、腐食が発生しがちな屋根材の切断面の防錆性が高まったことにより、沿岸部のような過酷な腐食環境でも従来のガルバリウム鋼板を超える耐久性が期待できます。

ガルテクトは従来のガルバリウム鋼板よりも3倍以上も耐久性が向上しました。

棟トタン撤去

非常に軽量

ガルテクトは非常に軽く、耐久性もあり、屋根工事では多彩な用途で使用できます。
1㎡あたりたったの5㎏と超軽量で建物の負担を軽減できます。(ちなみに、スレート屋根は1㎡あたり19㎏、和瓦は1㎡あたり50㎏です。)
そして、金属製のため地震時の割れの心配がありません。
とても軽量なので、既存屋根を撤去しない「カバー工法」の屋根工事・リフォームにも最適でかなり人気が高いです。

防水シート貼り

高い遮熱性と断熱性をもつ

ガルテクトは遮熱性・断熱性ともに非常に高く、屋根材として優れた素材です。
表面には太陽光に含まれる赤外線を反射させる塗料が施されています。
ガルテクトの表面には、遮熱・断熱効果の高い塗装の採用で、新築はもちろん屋根リフォームにも適用できます。
さらに、軽い屋根で耐震性も期待できます。

そのため、日射による鋼板の温度上昇を抑えてくれます。また、屋根内部の熱の放射を防ぐことで、室内の温度低下も軽減してくれます。

断熱材と鋼板が一体化してしっかりと遮熱・断熱効果を発揮するので、夏は涼しく冬は暖かに過ごすことが可能です。

完成写真

ガルテクトは、従来のガルバリウム鋼板にマグネシウムを2%添加したメッキ鋼板です。
最新の技術により、マグネシウムを従来のガルバリウム鋼板に加えたことで、メッキ層がさらに強化されました。
従来のガルバリウム鋼板に比べて約3倍の耐用年数が期待できます。

保証も長く見た目もスッキリされたい方はいつでもご相談下さい。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市のお客様の外壁塗装工事をお伝えします。

お客様の希望で、外壁塗装に関しては関西ペイントでお願いしたいとの事でしたのでアレスダイナミックTOPでの施工を行いました。

施工前

特徴

他のラジカル制御形塗料と同じく、シリコン塗料より数万円高いだけで耐久年数がフッ素より少し短いのは同じです。ダイナミックトップの最大の特徴は、強化剤を入れることで多少の雨など湿度の高いところでも塗装できる点です。

今までの塗料は、雨などの湿度が85%以上になる場合は塗装することができませんでした。その常識を覆したのがこの塗料です。

4つの技術で紫外線から建物を守る

紫外線を浴びても、高性能なシリコンレンジで紫外線による劣化を阻止します。シリコンレンジをすり抜けた紫外線はUVトラップで無効化。バリアコートでラジカル発生を抑制し、発生してしまったらラジカルは無効化します。

超低汚染、

汚れにくく、カビや藻なども付着しにくいです。

完成写真

安全性

ダイナミックトップは水性の塗料のみです。 F☆☆☆☆なのでホルムアルデヒドの放散量が少ない環境に優しい塗料です。

艶の種類

艶有り、7分艶、5分艶、3分艶 

メーカー発表の耐久年数

15年

こちらが外壁塗装の塗料の性質です。

施工後は見違えるような仕上がりになってます。町田市で外壁塗装をする場合はご相談ください。

ちなみに雨の日は施工いたしません。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外構工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は、町田市のお客様の外壁塗装工事と玄関土間補修工事のご依頼を頂きました。外壁塗装工事に関しましてはサイディングの外壁塗装でしたので目地工事をしっかりして外壁塗装を行いました。

問題は玄関廻りの土間です。

土間

こんな感じで下が隆起してタイルが割れておりました。今回はこの部分も直していきます。

1. 土を掘削する。

周囲の高さと合わせるため、表面の土をショベルカー(ユンボ)やシャベル(スコップ)で掘削します。今回は電動ドリルで掘削しました。掘った土は法令に則り、地域指定の処分場に適切に廃棄を行ないます。

掘削

2. 砕石を敷き詰める。コンクリート施工後の沈下を防ぐため、また施工面を均一に平坦にするため、砕石と呼ばれる砕いた石を敷き詰めます。重いコンクリートが自重で沈まないよう基礎部分の下地として砕石を押し固めます。転圧機と呼ばれる機械を用いるため工事音は発生しますが、他の作業と比べ大きいものではありません。

ラス網敷

3. ワイヤーメッシュ(溶接金網)を設置する。コンクリートの強度を上げるために溶接金網をコンクリート打設する箇所に張り巡らせます。鉄筋は均一の高さに埋め込めるようスペーサーブロックと呼ばれる四角いコンクリートブロックを使用します。鉄筋の間隔や太さなどは十分な強度が出るよう、弊社の施工基準に則り設置いたします。

コンクリート打設

4 表面を仕上げる。刷毛引き仕上げなど、表面加工をコンクリートが固まる直前に行ないます。気温などの条件により異なりますが、コンクリート打設後1~3日で表面は固まります。しかしコンクリート全体が硬化するまでに日数がかかる為、コンクリート打設後に養生期間として日数を空ける必要があります。

以上、町田市外壁塗装と外構工事でした。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの板金工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市のお客様の外壁塗装工事に付帯する板金工事です。

破風板

破風板は「雨どいの付いていない屋根の先端にある板」のことです。
破風板の役割はその文字の通り、「風を破る板」です。
主に、風を防止すること、耐風性能向上の目的で取り付けられています。

外壁塗装をする際に塗装していく部分ではあるのですが木で出来ていることが多く古いものだと腐ってきてしまいます。

これまでの住宅のほとんが「木材による破風板」です。主な材質は杉になります。
厚みは3cm、長さは15cmと18cmが多く使用されています。
ただし、現在(新築)ではほとんど使用されていません。理由は耐久性と耐火性が良くないからです。
最近では窯業系不燃性の破風板を用いるのが一般的です。

板金補修
板金補修2

今回の補修方法は外壁塗装とは別でガルバリウム鋼板の板で、既存の木製破風板を覆い包む方法です。
最も多い破風板の修理方法です。
塗装によるリフォームよりも耐久性や耐火性が高まります。

これで破風板の腐食の悩みは解決できます。

今回は外壁塗装と板金補修工事のご依頼ありがとうございました。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの屋根カバー工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市の外壁塗装と屋根カバー工事になります。外壁塗装は何も問題なかったのですが、屋根が今回は問題の多いニチハのパミールという屋根材になります。

まずはこちらの屋根材の性質とリフォーム方法を書いていきます。

施工前
施工前2

ニチハのパミールは1996年から2008年に販売された屋根です。
屋根にアスベストの使用が法律で禁止された時期と重なります。
アスベストは粘着性が高く、建材の強度を確保するにはとても優れた素材でした。

パミールの販売会社であるニチハは外壁材最大手のメーカーとして知られています。
しかし、屋根材の市場では当時の屋根材メーカー大手である「クボタ」や「松下」と比べてシェアが低い会社でした。
そこでニチハはアスベストが含まれていないスレート屋根材(ノンアスベスト屋根材)の第一号として「パミール」を販売します。
得意の外壁材とアスベストをなくした屋根材をセット販売することで、マーケットシェアの拡大を考えていたのかもしれません。

実際に外壁材はニチハの窯業サイディングが使用されていて、屋根はパミールといった住宅が多いです。
この時期はニチハだけではなく、スレート系屋根材を取り扱うメーカーは相次いでノンアスベスト屋根材を販売しています。

施工前3

多くのノンアスベスト屋根材が施工後数年で「層間ハクリ」や、「ヒビワレ」といった不具合報告が消費者より相次ぎました。
中にはスレート屋根材がズレ落ちて、スレート屋根材が落下する事例も報告されています。

このような不具合はパミールだけに限りません。
しかし、ノンアスベスト屋根材の中で不具合が顕著に発現しているのが「パミール」です。
不具合の理由はアスベストに代替できる製品開発や、長期使用の検証が不十分であったからと推測できます。

もちろん、この頃に販売されていた全てのスレート屋根が不良品であるというわけではありません。
今でも十分な耐久性を確保しているスレート屋根はたくさんあります。
しかし、この時期に販売されたスレート屋根は「現行のスレート屋根」や「アスベスト入りのスレート屋根」と比べて耐久性が低い印象があるのは事実です。

どのメーカーも製造責任を否定しています。
屋根本体の不具合は経年劣化によるものといったスタンスを崩していません。
その背景にあるのはリコールを認めてしまうと、損害賠償責任で多額の負担が強いられるからです。

一般的にスレート屋根のメーカー保証は2年から5年程度です。
少なくとも建築後10年が経過した時点で不具合に気づいても時は既に遅く泣き寝入りになることが少なくありません。

屋根カバー工事

パミールのリフォーム工事では耐久性の高い金属屋根のご使用をおすすめします。

今回の町田市、外壁塗装のお客様はスーパーガルテクトのカバー工法でリフォームさせて頂きました。

ガルテクト
ガルテクト

これで今後は屋根の問題とはお別れです。

今後とも宜しくお願い致します。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は先日の麻生区の雨漏り工事の続きで外壁塗装工事です。

築年数もだいぶ経っていたので木部に腐りが無いか等よく調べてからの着工になります。

まずは高圧洗浄機で外壁の水洗いを行っていきます。

着工前
水洗い

外壁の汚れ、ホコリ等を取り除いたら、ガラスやアルミ部分が塗料で汚れない様にビニール養生をしていきます。

それからようやく外壁のの下塗り・中塗り・上塗りの工程に入っていきます。

下塗りの際にクラックの補修も忘れずにしっかり穴埋め補修していきます。

下塗り
中塗り・上塗り
鉄部塗装
完成写真

モニエル瓦の屋根も塗装して見違えるような仕上がりになりました。

保証もしっかりついてますので安心してお過ごしください。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの雨漏り工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は麻生区のお客様の雨漏り補修工事です。

築30年年程のモニエル瓦の屋根でトップライトからの雨漏りがあるとの事でご依頼をいただきました。室内のクロスのはしっかりと雨染みが残っていたのでまずはトップライトまわりから調査。

3パターンの調査をしてまずはここからという場所から施工スタート。

トップライト工事

まずはトップライト周辺の瓦を外していきます。

防水テープ
防水シート

雨漏り部分に防水テープを貼った後、防水シートをかぶせていきます。

板金工事

下地処理が終わったら板金をかぶせていって完了となります。

完成写真

サイド部分は少し違う工法ですがしっかり雨仕舞していきました。ちなみにトップライトが5箇所あったので結構時間はかかりましたがこれで雨漏りが止まるはずです。

早速何度か雨ふりがありましたが雨漏りは起きていないみたいで良かったです。

今後とも宜しくお願い致します。塗装は次回アップします。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。