お見積り無料依頼はこちら

対応エリア

町田市・麻生区・青葉区を中心に
東京都・神奈川県全域対応 その他エリアもご相談ください。

町田市・青葉区・麻生区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事なら町田市のゴールドホーム(GOLD HOME)

GOLD HOME

町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は、町田市のお客様の外壁塗装工事を施工させて頂きました。

外壁塗装に必要なシール工事についての最終回になります。

施工前

シーリング材の充填作業は古いシーリング材の上に新しいシーリング材を充填する「増し打ち」と古いシーリング材を撤去してから充填する「打ち替え」があります。

①打ち替えとは?
打ち替えとは、古いシーリング材をカッターなどで取り除いてから新しいシーリング材を充填する作業のことです。
撤去作業があるぶん少し費用がかかりますが、劣化した部分はなくなるので基本的には打ち替えがおすすめです。

②増し打ちとは?
増し打ちとは、古いコーキング材の上にコーキング材を重ねて充填する作業のことです。
サッシ周りや「入りずみ」といって外壁のつなぎ目同士が突き当たって凹んで見える部分など、構造上古いコーキング材が撤去できない部分は増し打ちが適しています。
またALC外壁の場合は目地の溝が深く、十分な量のコーキング材を充填できるので増し打ちが適していると言えます。
打ち替えや増し打ちは構造上、状態によって判断するということですね。

下塗り
上塗り

外壁塗装をする時にシーリング材を充填する場合、先にシーリング材を充填してから塗装をする「先打ち」、塗装をしてからシーリング材を充填する「後打ち」があります。
それぞれの工法にはメリット、デメリットがあります。

【シーリング材を先打ちするメリット】
○シーリング材の上に塗装をするので塗膜が紫外線などによる劣化を防いでくれます。
○シーリング材充填する時に外壁につかないようにする手間が省けるので費用が抑えられる。

【シーリング材を先打ちするデメリット】
●シーリング材は柔らかい素材でできていますが塗膜が硬いため、コーキングの上の塗装がひび割れやすい傾向があります。

【シーリング材を後打ちするメリット】
○シーリング材の上に塗装がないのでひび割れの心配はありません。

【シーリング材を後打ちするデメリット】
●シーリング材の上に塗膜がないので紫外線などの外部からの影響を受けやすいでしょう。

先打ちした場合、オートンイクシードは色のバリエーションが豊富なので、外壁塗装の色とシーリング材を近い色にすることができるので、塗膜がひび割れたとしても外観を損なうことはほとんどありません。
また、後打ちした場合でも今回外壁塗装に使ったオートンイクシードであれば紫外線などによる劣化は長期間心配ありません。

完成写真

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は、町田市のお客様の外壁塗装工事を施工させて頂きました。

前回の続きでシール工事について書いていきます。

シーリング材は外壁のつなぎ目の目地に充填する防水剤ですが、長い間防水性を維持して雨などが外から入ってくるのを防ぐ必要があります。
けれど様々な劣化症状がでやすい素材でもあり、シーリング材によっては3年程度で劣化してしまうものもあります。

外壁塗装の際、重要な作業になります。

目地交換工事

①外壁とシーリング材の間が剥離している
外壁とシーリングにすき間ができてしまっている場合は、プライマーの塗り忘れや塗りムラ、外壁の動きにシーリング材の接着強度が耐えられなかったなどが原因と考えられます。

②シーリング材の真ん中が割れる破断
シーリングの真ん中が縦に切れてしまっている状態は経年劣化によるコーキング材自体の寿命とも言えるでしょう。
このままでは雨などが外壁材の中に入ってしまう可能性が高いです。

③シーリング材の裏に下地が見える
シーリングの下の青い下地が見えてしまってる場合はシーリングの厚みが足りていない可能性があります。
この場合古いシーリング材にボンドブレーカーという絶縁するための素材を貼ってから新しいシーリング材を充填する必要があることも。

➃シーリング材が剥がれ落ちている
シーリング材のくっついている部分と剥がれてぶら下がっている部分があったり、ボロボになってしまっている場合はプライマー不足が考えられます。
シーリング材の防水機能は当然なくなっているので早めに対策をしましょう。

プライマー塗布

シーリング材は効果する性質がある可塑剤が配合されているため経年劣化によってカチカチになりひび割れやすい特徴がありますが、今回使ったオートンイクシードは可塑剤が配合されていないのでずっと柔らかい状態を保ちます。

このことから耐用年数が30年ともいわれるオートンイクシードの評判がいい理由が分かりますね。

完成写真

次回は外壁塗装の際、シールは先に打つか後に打つか等書いていきたいと思います。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は、町田市のお客様で外壁塗装工事のご依頼を頂きました。

施工前
施工前

サイディングの外壁塗装に重要になってくるのが継ぎ目のシーリング工事になります。シーリングと一言で言っても材料は多数ございます。今回は外壁塗装に付帯するシーリング材について書いていきます。

今回使ったシーリング材「オートンイクシード」についてお話します。
外壁のつなぎ目に使われているシーリング材は、経年劣化によってカチカチになったり、ひび割れたりします。

ところが、「オートンイクシード」はプロの外壁塗装業者からもずっと柔らかく劣化しにくいと評判がよく、多くの住宅で使われています。
ではシーリング材「オートンイクシード」の評判がなぜいいのかを詳しく解説していきましょう。

オートンイクシードのキャッチフレーズは「長期耐久型ハイクオリティシーリング材」とも言われるように、他のシーリング材に比べて、ずっと柔らかくひび割れにくいのが特徴です。
オートンイクシードには新開発された「LSポリマー」という素材が使われていて、経年劣化による硬化を防ぎとても長い間柔らかさを維持します。

オートンイクシードには可塑剤が配合されていません。
シーリング材の特徴でもある損傷と劣化の原因は「可塑剤」が流出するための硬化ややせと言われています。
可塑剤とは、柔軟性や耐候性を改良する添加薬品のことですが「可塑」とは柔らかく形を変えやすいという意味があります。

完成写真
完成写真

オートンイクシードの耐用年数は30年とも言われています。
ひび割れたり剥がれ落ちる経年劣化の原因でもある紫外線や熱、水分に対する耐性を調べるために、耐候性試験器(SWOM)という機械で長期間の間テストを受けています。

その結果なんと「6000時間」突破という驚異的な高耐候性があることが実証されています。
一般的なシーリング材は10年ほどで細かいひび割れがたくさん入り、20年ほどで剥がれて落ちてしまっているのに対して、オートンイクシードは30年の間表面に変化が見られませんでした。

また亀裂や剥離がどの程度で起るかを調べる耐久性能試験では「圧縮30%、拡大30% 伸縮繰り返しを4000回」を3サイクル(12,000回)行ったところ結果は以上なし。
一般的なシーリング材は1サイクルで破断がありました。

築年数の古い建物のシーリング材はカチカチでボロボロになってしまうことが多いですが、ずっと柔らかくひび割れないオートンイクシードは革命的なシーリング材と言えるでしょう。

今回はここまでで次回続きを書いていきます。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装・屋根カバー工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は麻生区のお客様の屋根カバー工事と外壁塗装工事のご依頼を頂きました。

外壁塗装はラジカル塗料、屋根は伊藤忠建材のスカイメタルルーフを使用しました。

施工前

近年、リフォームをお考えのお客様からのお問い合わせで特に多いのが軽量で劣化に強い「ガルバリウム鋼板」の屋根材です。

ガルバリウムなどの鋼板系の屋根材はカバー工法(重ね葺き)が可能で、屋根の葺き替え工事に比べコストを抑えて屋根が新しくなるので最近特に人気です。

今回使う屋根材「スカイメタルルーフ」が、どういう屋根材でどのようなメリットがあるのか、紹介したいと思います。

防水シート貼り

軽量:建物にやさしい

・カラーベストの1/3 日本瓦の1/8の軽さで建物にやさしい屋根材です

・スカイメタルルーフは約6kgほどで、日本瓦の1/8ほどの重さしかありません。

屋根材が軽量ということは、柱などにかかる負担も軽減される(単純に重さだけで考えても日本瓦の1/8の負担)ため、結果的に建物に優しい屋根材と言えるます。

また横揺れの地震の時にも屋根材が重いと重心が高くて揺れが大きくなりますが、屋根材が軽いと重心が低いため揺れが抑えられます。

快適:雨音や熱を建物に伝えにくい

・表面のストーンチップ層が熱や雨音を拡散して快適に暮らせます

・たとえば雨が降った時に、通常の屋根材だと「パタパタ」と雨音の振動音が聞こえるのですが、スカイメタルルーフは表面の加工により雨音の振動音を軽減します。

これで雨の日の耳障りな音が緩和され、快適に過ごすことができるようになります。

また雨の日だけでなく、暑い夏の日もスカイメタルルーフ表面のストーンチップ加工により、赤外線の熱を吸収し、室内に外の熱が伝わるのを大幅に抑えてくれます。

経済的メンテナンスフリー・お財布に優しい

・ 製品保証30年の長期保証で屋根のメンテナンスコストがかかりません

・スカイメタルルーフはメンテナンスフリーの屋根材のため、通常の屋根材のように10年毎にメンテナンスをして費用がかかる……というようなことがありません。塗装も必要ありません。

その他にも・・・

耐水性や耐熱性、耐衝撃性といった様々な公的機関の試験を通過した、安心安全の屋根材となっています。

将来長い付き合いとなる自宅の屋根には、軽くて丈夫で、長持ちしてメンテナンスが必要ない屋根材、スカイメタルルーフをオススメしています。

本体貼り
貫板取付け
完成写真
完成写真

以上、スカイメタルルーフのカバー工事と外壁塗装工事でした。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。在宅ワークの方でも安心施工!


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は、町田市のお客様の外壁塗装工事を施工させて頂きました。

完成写真

今回は関西ペイントのアレスダイナミックMUKIで塗装させて頂きました。

アレスダイナミックMUKIは、無機・有機ハイブリッド塗料です。外部からの太陽光や紫外線、雨水に強い無機の特性と、柔軟性があり加工がしやすく、コーティングした素材を強力に保護するフッ素樹脂の特性を独自の複合技術により融合した塗料です。

★そもそも、無機有機ハイブリッド塗料とは?

  • 有機=木、プラスチックなど「炭素を含む(加熱すると焦げて二酸化炭素が発生する)化合物」のこと

   加工がしやすく柔軟性があります。

  • 無機=ガラス、金属など「炭素を含まない(有機以外のすべての物質)化合物」のこと

   紫外線に強く不燃性が特徴ですが、その半面、柔軟性を発揮しにくいです。

  • ハイブリッド=異なった要素が組み合わされていること

つまり無機有機ハイブリッド塗料をかみ砕くと、

< 「無機物」の強靱さと「有機物」の柔軟性を組み合わせた塗料 >

ということになります!化合物うんぬんで難しい話になりましたが絶対強いんだろうなという印象ですね。

ダイナミックMUKIは今では聞きなれたラジカル塗料でもあります。

ラジカル抑制技術】

4つの塗膜コントロール技術により、塗膜劣化の原因物質である「ラジカル」の発生を根本的に抑え、

塗料の耐候性を飛躍的に向上させます!

★ラジカルの説明

屋根・外壁塗装に使用する塗料の「顔料」に含まれている「酸化チタン」に紫外線が触れることによって発生する物質。

ラジカルは塗膜内の樹脂を切断してしまうため、ラジカルの発生が塗膜の劣化原因(チョーキングやひび割れ)となります。

完成写真
完成写真

あまりイメージは変えずおとなしい色にしたいとの事でしたのでご希望に添えたかと思います。

ご依頼ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は、町田市のお客様の外壁塗装工事を施工させて頂きました。

前回の外壁塗装塗装から10年程経っていたみたいで外壁のチョーキングやクラックが気になるとの事でしたのでこの度は

関西ペイントのアレスダイナミックTOPという材料で外壁塗装を行いました。

施工前

外壁塗装に加え、帯板と目地にもかなりの劣化がありましたのでこちらも補修しながらのとそうになります。

アレスダイナミックTOPとは

「ラジカル制御機能」を有した高耐候な水性シリコン塗料

アレスダイナミックトップは、大手塗料メーカーの関西ペイントから販売・製造されている「ラジカル制御機能」を有した水性シリコン塗料です。

昨今、人気のあるラジカル制御塗料のひとつです。

2012年に日本ペイントから初めて発売されたラジカル制御塗料の「ダイナミックトップ」に次いで、2016年に関西ペイントから販売されました。

ラジカル制御機能とは

『ラジカル』とは、塗料の主成分のひとつ「酸化チタン」に紫外線が当たることにより発生する物質です。

一般の塗膜は、このラジカルが発生し塗膜を破壊し劣化を促進させます。

アレスダイナミックTOPは、この「ラジカル」の発生を抑え、樹脂の性能を最大限に引き出すことに成功した塗料です。

ラジカル制御機能により、水性シリコン塗料でありながらフッ素に迫る耐久性をもっています。

今回のチョーキング問題には適した塗料ですのでチョーキングが気になる方はおすすめです!

完成写真
完成写真
完成写真

イメージをあまり変えずに綺麗に仕上がりました。この度は屋根塗装・外壁塗装のご依頼いただきありがとうございました。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装・屋根カバー工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は麻生区のお客様の屋根カバー工事と外壁塗装工事のご依頼を頂きました。

施工前

屋根カバー工法とは
既存の屋根の上に防水シートを貼り、その上に新しい屋根材を被せて施工をする工法です。

カバー工法のメリット
塗装リフォームよりも長持ちし、既存の屋根を撤去する費用もかからないので、葺き替えよりコストを削減出来ます。

防水シート

今回使う屋根材は伊藤忠建材のスカイメタルルーフになります。

軽量:建物にやさしい

・カラーベストの1/3 日本瓦の1/8の軽さで建物にやさしい屋根材です

・スカイメタルルーフは約6kgほどで、日本瓦の1/8ほどの重さしかありません。

屋根材が軽量ということは、柱などにかかる負担も軽減される(単純に重さだけで考えても日本瓦の1/8の負担)ため、結果的に建物に優しい屋根材と言えるます。

また横揺れの地震の時にも屋根材が重いと重心が高くて揺れが大きくなりますが、屋根材が軽いと重心が低いため揺れが抑えられます。

快適:雨音や熱を建物に伝えにくい

・表面のストーンチップ層が熱や雨音を拡散して快適に暮らせます

・たとえば雨が降った時に、通常の屋根材だと「パタパタ」と雨音の振動音が聞こえるのですが、スカイメタルルーフは表面の加工により雨音の振動音を軽減します。

これで雨の日の耳障りな音が緩和され、快適に過ごすことができるようになります。

また雨の日だけでなく、暑い夏の日もスカイメタルルーフ表面のストーンチップ加工により、赤外線の熱を吸収し、室内に外の熱が伝わるのを大幅に抑えてくれます。

経済的メンテナンスフリー・お財布に優しい

・ 製品保証30年の長期保証で屋根のメンテナンスコストがかかりません

・スカイメタルルーフはメンテナンスフリーの屋根材のため、通常の屋根材のように10年毎にメンテナンスをして費用がかかる……というようなことがありません。塗装も必要ありません。

その他にも・・・

耐水性や耐熱性、耐衝撃性といった様々な公的機関の試験を通過した、安心安全の屋根材となっています。

完成写真
完成写真

それでは外壁塗装に関しましては次回書いていきます。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装・屋根葺き替え工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は雨漏りとの事で町田市のお客様の屋根塗装と外壁塗装のご依頼を頂きました。

まずは屋根葺き替え工事について書いていきます。

外壁塗装は、関西ペイントのダイナミックMUKI・屋根はアイジー工業:スーパーガルテクトを使います。

足場設置

まず「屋根の葺き替え」とは、既存の屋根材を剥がして、新しい屋根材に置き換えることです。
定期的に屋根の葺き替えリフォームを行うことで、下地を含めた部分までメンテナンスでき、結果的に家全体を長持ちさせることに繋がります。
既存の屋根の上から屋根材を被せる「重ね葺き(カバー工法)」よりも費用が高く工期は長いですが、防水性・耐震性ともに優れた工法です。

雨漏りの際は葺き替え工事になります。

既存屋根撤去

屋根の中の防水シートが傷んでいた場合、重ね葺き(カバー工法)では既存の屋根材を剥がすことがないため、その異常に気づくことができません。
一方、屋根材をすべて剥がす葺き替え工事なら、問題となっている下地の劣化箇所も補修できます。

屋根全体をリフォームすることによって、雨漏りなどの自然災害からの危険を防げるという利点もあります。
また、重い瓦屋根から軽い素材の屋根(スレート・ガルバリウム・軽量瓦など)に葺き替える場合には、建物の軽量化により耐震性の向上も期待できます。

コンパネ貼り
防水シート
完成写真

ちなみにスレート屋根の葺き替え時期。

スレート屋根には、アスベストを含んだものと含まないものとがあります。
アスベストを含んだものは耐久性能が高く、20~25年位は持つとされていますが、健康被害の問題からアスベストを含む屋根は2004年より使用が禁止されました。
現行のスレート屋根の耐用年数は、10~35年程度です。

外壁塗装は別記事で書いていきます。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの外壁塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市のお客様の屋根塗装・外壁塗装工事のご依頼を頂きました。

外壁塗装の前に付帯工事としてエクステリア工事を施工していきます。雨風が吹き込むとの事でしたので同質の目隠しを設置していきます。

施工前
施工前

まずは、コンクリートを斫って支柱を立てていく為に墨だし作業を行います。

それが終わりましたら支柱を立てていきます。

施工写真
施工写真

外壁塗装は関西ペイントのアレスダイナミックMUKIで塗装させて頂きました。

アレスダイナミックMUKIは、無機・有機ハイブリッド塗料です。外部からの太陽光や紫外線、雨水に強い無機の特性と、柔軟性があり加工がしやすく、コーティングした素材を強力に保護するフッ素樹脂の特性を独自の複合技術により融合した塗料です。

★そもそも、無機有機ハイブリッド塗料とは?

  • 有機=木、プラスチックなど「炭素を含む(加熱すると焦げて二酸化炭素が発生する)化合物」のこと

   加工がしやすく柔軟性があります。

  • 無機=ガラス、金属など「炭素を含まない(有機以外のすべての物質)化合物」のこと

   紫外線に強く不燃性が特徴ですが、その半面、柔軟性を発揮しにくいです。

  • ハイブリッド=異なった要素が組み合わされていること

つまり無機有機ハイブリッド塗料をかみ砕くと、

< 「無機物」の強靱さと「有機物」の柔軟性を組み合わせた塗料 >

ということになります!化合物うんぬんで難しい話になりましたが絶対強いんだろうなという印象ですね。

ダイナミックMUKIは今では聞きなれたラジカル塗料でもあります。

ラジカル抑制技術】

4つの塗膜コントロール技術により、塗膜劣化の原因物質である「ラジカル」の発生を根本的に抑え、

塗料の耐候性を飛躍的に向上させます!

★ラジカルの説明

屋根・外壁塗装に使用する塗料の「顔料」に含まれている「酸化チタン」に紫外線が触れることによって発生する物質。

ラジカルは塗膜内の樹脂を切断してしまうため、ラジカルの発生が塗膜の劣化原因(チョーキングやひび割れ)となります。

完成写真
完成写真

エクステリア工事の方は無事完成いたしました。

ご依頼ありがとうございました。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。


町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの屋根塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市のお客様の屋根塗装と外壁塗装のご依頼を頂きました。

まずは屋根塗装工事について書いていきます。

外壁塗装はデコラフレッシュ、屋根塗装はダイナミックルーフを使います。

完成写真

アレスダイナミックルーフは格安屋根用ラジカル制御型塗料になります。

高耐久の理由は、強力なウレタン結合で塗膜が強化されているので、紫外線から塗膜を守ってくれます。

微量な紫外線が塗膜をすり抜けようとしてもHALSラジカルキャッチャーによって劣化分子を無害化してくれます。

また、親水性も高い塗料でもあるので、汚れが雨水で洗い流してくれるセルフクリーニングの効果も期待できます。

アレスダイナミックルーフは、塗膜が劣化しにくく、かつ汚れがつきにくい塗料になります。

アレスダイナミックルーフの特徴として、高性能シリコンレジンが配合されているので塗膜の光沢がとても綺麗に出る点があります。

また乾燥自体も早く(塗り重ね乾燥時間4時間)その日に2回塗りできるなど、作業性が良いのも職人の仕事に良い影響を与えています。

ただ、劣化の激しい下地の場合には下塗り剤(アレスダイナミックシーラー)を2度塗るなどして対応しないと、つやムラがでたり、早期剥がれの可能性が高くなります。

タスペーサー

スレート屋根を塗装するにあたって水洗いをして下塗りをして上塗りをするといった基本的な流れがあります。そこで重要になるひと手間をしていない業者が多いので今回はその作業”縁切り”タスペーサー”についてご説明いたします。

縁切りは屋根を塗装した際に行う作業です

縁切りとは薄型化粧スレート屋根(スレート瓦)、商品名で言うとカラーベストやコロニアルの屋根の塗り替え時に必要な作業です。どういうことをするかと言うと、従来は塗装後の一枚一枚引っ付いた屋根をカッター等で切っていくという地道な作業でした。

カッターによる縁切り、タスペーサーによる縁切りいずれにしても屋根と屋根の間に隙間を作る作業だと思っていただけるといいでしょう。
屋根と屋根の間に隙間を作ると雨漏りするのではないか?実は逆に屋根と屋根との間に隙間がない方が雨水の排出先がなくなるので危険なんです。

完成写真
完成写真

以上、屋根塗装の記事になります。外壁塗装は別記事で書いていきます。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。