お見積り無料依頼はこちら

町田市・青葉区・麻生区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事なら町田市のゴールドホーム(GOLD HOME)

GOLD HOME

町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの屋根塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市のお客様の屋根防水塗装工事のご依頼を頂きました。

水洗い

今回の屋根はU瓦で非常に割れやすいので慎重に作業を進めていきます。まずは塗装の前に屋根に付着したカビ、苔

ホコリ等を高圧洗浄機で落としていきます。

下塗り

使う塗料は関西ペイントのアレスダイナミックルーフです。屋根用ラジカル制御型塗料になります。

高耐久の理由は、強力なウレタン結合で塗膜が強化されているので、紫外線から塗膜を守ってくれます。

微量な紫外線が塗膜をすり抜けようとしてもHALSラジカルキャッチャーによって劣化分子を無害化してくれます。

また、親水性も高い塗料でもあるので、汚れが雨水で洗い流してくれるセルフクリーニングの効果も期待できます。

アレスダイナミックルーフは、塗膜が劣化しにくく、かつ汚れがつきにくい塗料になります。

中塗り
クラック補修

割れがかなり多い為しっかり補修しながら塗装していきます。外壁塗装の時も同じくクラックの見落としが無いか気を付けて作業します。

上塗り

アレスダイナミックルーフの特徴として、高性能シリコンレジンが配合されているので塗膜の光沢がとても綺麗に出る点があります。

また乾燥自体も早く(塗り重ね乾燥時間4時間)その日に2回塗りできるなど、作業性が良いのも職人の仕事に良い影響を与えています。

アレスダイナミックルーフは、関西ペイントが製造・販売する弱溶剤形2液ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料です。

窯業系・金属系どちらの下地にも使用可能で仕上がりには重厚感のあるつやを演出する事ができるとして、徐々に人気になっています。

屋根が気になる方はお気軽にご相談ください。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。

町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの屋根塗装工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は麻生区のお客様の屋根防水塗装工事のご依頼を頂きました。

使用する塗料は関西ペイントのアレスダイナミックルーフです。

水洗い

まずはいつも通り高圧洗浄機で水洗いをして表面の汚れを落としていきます。

下塗り

アレスダイナミックルーフは格安屋根用ラジカル制御型塗料になります。

高耐久の理由は、強力なウレタン結合で塗膜が強化されているので、紫外線から塗膜を守ってくれます。

微量な紫外線が塗膜をすり抜けようとしてもHALSラジカルキャッチャーによって劣化分子を無害化してくれます。

また、親水性も高い塗料でもあるので、汚れが雨水で洗い流してくれるセルフクリーニングの効果も期待できます。

アレスダイナミックルーフは、塗膜が劣化しにくく、かつ汚れがつきにくい塗料になります。

アレスダイナミックルーフの特徴として、高性能シリコンレジンが配合されているので塗膜の光沢がとても綺麗に出る点があります。

また乾燥自体も早く(塗り重ね乾燥時間4時間)その日に2回塗りできるなど、作業性が良いのも職人の仕事に良い影響を与えています。

ただ、劣化の激しい下地の場合には下塗り剤(アレスダイナミックシーラー)を2度塗るなどして対応しないと、つやムラがでたり、早期剥がれの可能性が高くなります。

中塗り
上塗り

アレスダイナミックルーフは、関西ペイントらしい耐久性が高い割に価格は安いという、コストパフォーマンスに優れた塗料です。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。

町田市、青葉区、麻生区で外壁塗装を専門とするゴールドホームの塗装報告3

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの専門業者ゴールドホームです。町田市、青葉区、麻生区を専門とする塗装業者になります。

今回は同アパートの屋根塗装に関してのご報告になります。築年数もかなりたっていたため屋根塗装としては今回が最後になります。

屋根塗装前1
屋根塗装前2

現状は棟トタンも錆がまわりスレートの表面はカビと苔でおおわれている状態です。まずは高圧洗浄機での水洗い作業を行っていきます。

屋根水洗い1
屋根水洗い2
屋根水洗い完了

屋根の水洗いが完了したので乾くのを待ってから下塗りでプライマーを塗装していきます。

下塗り

今回は屋根がかなり傷んでいたため、下塗りのプライマーを2回塗っていく事となります。

屋根下塗り2

下塗りを2回入れてから上塗りを2回塗装していきます。今回はブラウン系の色に仕上げていきます。

屋根塗装完成1
屋根塗装完成2

かなり塗りがいのある屋根で見違えるほどの仕上がりとなりました。

本来はタスペーサーを取り付けるのですがスレートの反りが全体に見られ、タスペーサーが落ちてくる為今回はこれで完成となります。

屋根塗装・外壁塗装・鉄階段塗装で約2週間の工事となりましたが施主様の色のセンスも良くきれいに仕上げる事ができました。

他の物件の報告も後々アップしていきます。

屋根の不具合、雨漏り、外壁塗装の無料見積が必要な町田市、青葉区、麻生区にお住いの方はゴールドホームまでお問合せ下さい。

町田市、青葉区、麻生区で外壁塗装を専門とするゴールドホームが教えるスレート屋根塗装の注意事項

スレート屋根を塗装するにあたって水洗いをして下塗りをして上塗りをするといった基本的な流れがあります。そこで重要になるひと手間をしていない業者が多いので今回はその作業”縁切り”タスペーサー”についてご説明いたします。

縁切りは屋根を塗装した際に行う作業です

縁切りとは薄型化粧スレート屋根(スレート瓦)、商品名で言うとカラーベストやコロニアルの屋根の塗り替え時に必要な作業です。どういうことをするかと言うと、従来は塗装後の一枚一枚引っ付いた屋根をカッター等で切っていくという地道な作業でした。

カッターによる縁切り、タスペーサーによる縁切りいずれにしても屋根と屋根の間に隙間を作る作業だと思っていただけるといいでしょう。
屋根と屋根の間に隙間を作ると雨漏りするのではないか?実は逆に屋根と屋根との間に隙間がない方が雨水の排出先がなくなるので危険なんです。

屋根塗装
タスペーサー1
タスペーサー2

縁切りの効果

  • その1)雨漏りを防ぐ

縁切りをする最も大事な理由は雨漏りを防ぐためです。
雨水は・強風時・大雨など想定外の雨が降ったときには構造上屋根材の下にも入り込むものです。
ですから入った雨水をどうやって排出するかが重要です。縁切りが必要な薄型化粧スレートの屋根材は表面に溝があり、この溝は屋根材の下に雨水が侵入した際に排出します。
しかし屋根塗装をすることでこの溝を塗料でふさいでしまうことがあり、そうすると雨水の逃げ場がなくなるので屋根下地の腐食、ひいては雨漏りに繋がるのです。

  • その2)内部結露を防ぐため

結露ができる仕組みをご存じでしょうか?
結露は物質の内側と外側の気温差が生じた際に発生します。
このことを屋根に当てはめて考えます。
建物内の暖かい空気は上昇する性質があり、天井を通して屋根裏まで上昇します。

一方屋根の外側は外気と接しているので日中は熱さに、それ以外の時間は寒さにさらされています。
屋根の内側が温まり、屋根外側が冷える…これにより結露が発生します。
縁切りで屋根に隙間を作らないと屋根裏で内部結露した水分がたまってしまい、中の断熱材や木材を腐らせてしまうのです。

タスペーサーの取付け

タスペーサーとはセイム社から販売されている商品の名前です。親指大の薄いプラスチック製の商品になります。

タスペーサーは下塗りが完了した時点で屋根と屋根の間に入れることで隙間を作ります。

タスペーサーを挿入することで屋根と屋根のとの間に隙間が確保されるため、カッターによる縁切り作業をする必要がなくなります。

加えて

  • カッターによる縁切りよりもタスペーサーを挿入する方が時間がかからない
  • 時間短縮=人件費という一番のコストも抑えられる
  • 綺麗に塗装した上を汚すこともない

タスペーサーの挿入は全てにおいて必要ではない

屋根に4mm以上の隙間がある場合、そして面によってスレートが反っている場合などは、無理に取り付ける必要はないです。取り付けても隙間が広いと自然に落ちてきます。

屋根の不具合、雨漏り、外壁塗装の無料見積が必要な町田市、青葉区、麻生区にお住いの方はゴールドホームまでお問合せ下さい。

スレート屋根

おはようございます。

昨日は町田市のKアパートの屋根点検のご依頼で現場まで。

築20年でお手入れは今までにしたことがないという事でした。

屋根に上ってみるとなるほどですね。とりあえず今のところ雨漏り等の被害は出ていないみたいです。

スレート屋根1

棟トタンは完全に錆がまわってました。

外壁との付け根
棟トタン浮き

棟トタンが浮いて抜き板が丸見え状態です。

スレート屋根表面

お客様の希望は屋根塗装と棟トタンの交換希望。

塗装するにはギリギリの状態ですが棟トタンは交換しないと駄目ですね。

とにかく見るところが沢山あるので別部分は後日のブログにて。

それでは楽しい休日を。

スレート屋根・外壁現調

おはようございます。

日中もだいぶ過ごしやすくなりました。

昨日は町田市のY様邸にて屋根と外壁塗装の現調依頼をいただきました。

変色と割れ

スレート屋根は変色と割れがかなり目立ちます。

棟トタンの釘

棟トタン部分は釘が浮いて抜けそうになってました。

外壁の苔

外壁で日の当たらない部分は苔による変色。

サイディング浮き
塗装剥がれ

外壁部分は目地と塗膜の劣化、サイディングの浮きが見られました。

前回のお手入れが13年前との事でしたので家の劣化具合が合致する感じですね。

まだまだ塗装でカバーできるのでしっかりお手入れしていきましょう。

屋根塗装工事

お盆休みも明けてより一層暑い日が続きますね。

先日終了いたしました町田市のS様邸のU瓦屋根塗装工事。

下地補修

築20年ですのでU瓦屋根にもかなりの痛みが出てました。塗装前に割れている部分をコーキング補修。

下塗り
刷毛塗り
上塗り

割れの補修部分も塗装で分からなくなるまできれいに仕上がりました。

完成写真1
完成写真2

かなりの変わりように施主様も驚かれてました。喜んでいただけるのが何より嬉しいです。

これからも家を大事に守ってあげてください。