町田市・青葉区・麻生区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事なら町田市のゴールドホーム(GOLD HOME)

GOLD HOME

町田市、青葉区、麻生区の外壁塗装・屋根工事を格安で施工するゴールドホームの屋根カバー工事

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの問題を即解決!町田市、青葉区、麻生区を地域限定に格安で施工する塗装専門業者になります。

今回は町田市の外壁塗装と屋根カバー工事になります。外壁塗装は何も問題なかったのですが、屋根が今回は問題の多いニチハのパミールという屋根材になります。

まずはこちらの屋根材の性質とリフォーム方法を書いていきます。

施工前
施工前2

ニチハのパミールは1996年から2008年に販売された屋根です。
屋根にアスベストの使用が法律で禁止された時期と重なります。
アスベストは粘着性が高く、建材の強度を確保するにはとても優れた素材でした。

パミールの販売会社であるニチハは外壁材最大手のメーカーとして知られています。
しかし、屋根材の市場では当時の屋根材メーカー大手である「クボタ」や「松下」と比べてシェアが低い会社でした。
そこでニチハはアスベストが含まれていないスレート屋根材(ノンアスベスト屋根材)の第一号として「パミール」を販売します。
得意の外壁材とアスベストをなくした屋根材をセット販売することで、マーケットシェアの拡大を考えていたのかもしれません。

実際に外壁材はニチハの窯業サイディングが使用されていて、屋根はパミールといった住宅が多いです。
この時期はニチハだけではなく、スレート系屋根材を取り扱うメーカーは相次いでノンアスベスト屋根材を販売しています。

施工前3

多くのノンアスベスト屋根材が施工後数年で「層間ハクリ」や、「ヒビワレ」といった不具合報告が消費者より相次ぎました。
中にはスレート屋根材がズレ落ちて、スレート屋根材が落下する事例も報告されています。

このような不具合はパミールだけに限りません。
しかし、ノンアスベスト屋根材の中で不具合が顕著に発現しているのが「パミール」です。
不具合の理由はアスベストに代替できる製品開発や、長期使用の検証が不十分であったからと推測できます。

もちろん、この頃に販売されていた全てのスレート屋根が不良品であるというわけではありません。
今でも十分な耐久性を確保しているスレート屋根はたくさんあります。
しかし、この時期に販売されたスレート屋根は「現行のスレート屋根」や「アスベスト入りのスレート屋根」と比べて耐久性が低い印象があるのは事実です。

どのメーカーも製造責任を否定しています。
屋根本体の不具合は経年劣化によるものといったスタンスを崩していません。
その背景にあるのはリコールを認めてしまうと、損害賠償責任で多額の負担が強いられるからです。

一般的にスレート屋根のメーカー保証は2年から5年程度です。
少なくとも建築後10年が経過した時点で不具合に気づいても時は既に遅く泣き寝入りになることが少なくありません。

屋根カバー工事

パミールのリフォーム工事では耐久性の高い金属屋根のご使用をおすすめします。

今回の町田市、外壁塗装のお客様はスーパーガルテクトのカバー工法でリフォームさせて頂きました。

ガルテクト
ガルテクト

これで今後は屋根の問題とはお別れです。

今後とも宜しくお願い致します。

屋根の不具合、雨漏り工事、外壁塗装、安くても質が悪いでは意味がないですよね。では屋根工事、雨漏り工事、外壁塗装工事の格安で質が良い業者を町田市、青葉区、麻生区で探すならゴールドホームまでお問合せ下さい。格安ですが安いだけではございませんので一度お電話お待ちしております。