お見積り無料依頼はこちら

対応エリア

町田市・麻生区・青葉区を中心に
東京都・神奈川県全域対応 その他エリアもご相談ください。

町田市・青葉区・麻生区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事なら町田市のゴールドホーム(GOLD HOME)

GOLD HOME

町田、青葉区、麻生区で外壁塗装を専門とするゴールドホームが教える外壁(リシン吹き)

外壁塗装、屋根工事、雨漏りの専門業者ゴールドホームです。町田市、青葉区、麻生区を専門とする塗装業者になります。

町田市M様より外壁塗装の相談でしたが、今回の外壁はリシン吹きでしたのでそちらの詳細を解説いたします。

外壁割れ1
外壁割れ2
外壁割れ3

築13年の住宅でクラックは全体的に広がっている状態です。

リシンとは、モルタル外壁などの仕上げ材として用いられる表面化粧材のことで、施工方法には「吹き付け」や「掻き落とし」などがあります。
「吹き付け」は最も一般的な工法で、「エアスプレーガン」を用いて外壁に吹き付ける工法です。
短時間で塗装が済むので低価格ですが、比較的塗膜が薄いのが欠点になります。

細かく砕いた石や砂に樹脂やセメント、着色剤などを混ぜて施工するため、表面がザラザラとした仕上がりになるのが特徴です。
吹き付けの場合は粗い模様に、掻き落としの場合は細かい模様になりますが、いずれの場合にも職人の腕によって仕上げが左右されます。

リシンの吹き付け施工は比較的安価だったために、1960年~1980年代にかけて、国内の木造住宅の最も一般的な外壁仕上げ材になりました。

■リシンのメリット

・他の塗装や外壁仕上げ材と比べて費用が安い
・透湿性・通気性が高く、壁に含まれる湿気を排出できるので、木材の劣化を防ぐことができる
・ツヤを抑えた落ち着きのある仕上がりになる

■リシンのデメリット

・一般的に凹凸が多く、隙間にホコリや水アカが溜まるので汚れやすい
・下地となるモルタルの収縮に追従できないので、ひび割れが発生しやすい
 吹き付けリシンの場合には塗膜が薄いため、さらにひび割れしやすい
・防水性が低い
・安価なアクリル樹脂が使用されることが多いため、耐久性は高くない
 耐用年数はおよそ7~8年程度

リシン仕上げの外壁塗り替えの際に最も注意しなければいけないのが下塗り材の選定です。
リシン仕上げの外壁は下地の吸い込みが激しく、下地が塗料を吸い込んでしまうので、色ムラや早期の剥がれが起きやすくなります。
下塗り材で塗料の吸い込みを抑え、その上に上塗り材を塗る必要があります。

代表的な例としては、下塗り材にシーラーを使用して吸い込みを抑える方法があります。
さらにひび割れや凹凸を埋めて塗装面を平滑にする(微弾性)フィラーや、シーラーとフィラーの両方の良さを兼ね備えたサーフェーサーなど、下塗り材を状況に応じて使い分けることが重要です。

引き続き、上塗り材を選ぶポイントをご紹介します。
リシン吹き付け塗装のツヤを抑えた落ち着いた仕上がりが気に入っているなら、塗り替える際にもツヤ消し塗料を選びましょう。
和風住宅には、落ち着きのあるツヤ消し塗料がよくマッチします。
また、現在は艶調整が可能な塗料も増えているので、三分艶などツヤを残したものを選ぶことも可能です。

一方ひび割れ防止を優先するなら、ひび割れに追従して延びる「弾性塗料」を、
大通りや川沿いなどに面していて汚れやすい家なら「低汚染塗料」による塗り替えを選ぶことも可能です。
雨水によって汚れを洗い流す「セルフクリーニング機能」を持ち、汚れやすいリシンとの相性がいい塗料や、カビや藻に対する耐性のあるものなど、低汚染塗料にも様々な種類があります。

外壁塗装、雨漏り、屋根工事の無料見積が必要な町田市、青葉区、麻生区にお住いの方はゴールドホームまでお問合せ下さい。